パク・ジェボム、引退を示唆?「悔いなく離れることができそうだ」過去にも同様の発言…

パク・ジェボム

写真:パク・ジェボムのInstagram

パク・ジェボムが、引退を示唆していると注目が集まっている。

3日、パク・ジェボムは自身のInstagramに「本当の引退を暗示した曲。最善を尽くしたから、悔いなく離れることができそうだ」とコメントを書き、ニューアルバム「Nothing Matters」の収録曲「Encore」の一部音源を公開した。

パク・ジェボムの引退示唆は今回が初めてではないだけにファンの注目がより集まっている。

パク・ジェボムは昨年4月に行われた記者懇談会で「ほぼ10年間、一度も休みなく走ってきた。僕はうまく休めない」とし、「仕事するならして、休むなら休む。家族旅行、B-Boy、スポーツ、バスケットボールなど、個人的にやりたいことをする時間を持つには引退しなければいけないんじゃないかとと思う」と述べた。

また、同時期、自身のTwitterに「数年以内に引退する。これ、皆さんと僕自身の約束だ。このゲームには、僕みたいな人が入るスペースがあまりない」と綴っていた。

パク・ジェボムは、現在、ヒップホップレーベルのAOMGのトップとして会社経営とプロデュースした曲を発表しながら音楽活動を続けている。




ページ上部へ戻る