チャン・グンソク週刊朝日の表紙公開!Snow Man向井康二・目黒蓮&チャン・グンソクの2大スターのグラビア大特集が話題

チャン・グンソク 週刊朝日
チャン・グンソクが表紙とグラビアを飾る週刊朝日2020年 7/31号の表紙が公開となった。

同号の表紙は、今年5月に兵役の義務を終え、2年ぶりにファンの元に戻ってきたチャン・グンソクが飾る。

チャン・グンソクは、先週号(7月24日号)で発表された「韓流アンケート好きな俳優」で第2位にランキング入りしている。

兵役の義務を終え、逞しくなって2年ぶりにファンの元に帰ってきた「グンちゃん」の魅力を表紙&グラビア4ページで楽しむことができる。

また、Snow Manの向井康二と目黒蓮が、巻頭カラーグラビア3ページに登場する。
テレビ番組「アイ・アム・冒険少年」で体を張ってサバイバル対決に挑むコーナーが人気の2人を独占で撮り下ろしつつ、これまでの挑戦に隠されたエピソードを明かしている。
2人を独占で撮り下ろし、ワイプ的なカットも含め計10点が掲載となっている。

火おこし、ヤシの実割り、魚突き、ボウリング玉でのバスケシュート……さまざまな挑戦の舞台裏エピソードとともに、番組を通して感じたお互いの魅力や類似点を明かしている。

さらに番組内での「◯◯は英語で何という?」への珍回答も話題の2人に、英語で一言メッセージをお願いすると……互いにツンデレを見せた2人のトークをぜひ、本誌でチェックしてみて。

そのほかの注目コンテンツは以下の通り

●総特集! 安倍首相が何を言っても「東京五輪あるわけない」これだけの理由
来年7月23日に開催が延期された東京五輪は、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず中止論が強まっています。医療関係者からはワクチンの普及に疑問の声があがり、ついには大会組織委員会の内部からも開催を絶望視する声が。今秋にも、決断の時が迫っているといいます。本誌は医療関係者や、大会組織委関係者に総力取材。表向きには伝わってこないさまざまな〝ホンネ〟を集めた結果、出てきた結論は……?

●30キロの減量に成功したゆりやんレトリィバァさんが明かす〝家ジム〟での自宅トレ
お笑いタレントのゆりやんレトリィバァさんが30キロの大減量に成功し、話題になっています。〝運命の出会い〟をしたパーソナルトレーナーの指導のもと、リバウンドに苦しみながらもトレーニングを継続。コロナ禍では自宅にトレーニング用品をそろえた〝家ジム〟でオンラインでのトレーニングを受けるなどして、110キロあった体重が78キロになる奇跡を起こしました。人生を変えるトレーニングの秘訣を本人が明かしました。

●芸人・Youtuberヒロシらが激白!コロナ禍でも独身がいいと考えた理由
コロナ禍で自粛生活が長く続く中、改めて自分を見つめなおし、「独身がいい」と考える人が出来ています。芸人・Youtuberとして活躍するヒロシさんは、「大災害が起きたときは、結婚希望者が増えると聞きますが、正直に言うと、そういう感覚がよくわからないです」と、自身の結婚観について披露。そのほか、元財務官僚の山口真由さん、エッセイストの岸本葉子さん、作家・編集者の佐々木典士さんらが、「独身」であることの魅力を語りました。

週刊朝日 2020年 7/31号

発売日:2020年7月21日(火曜日)
定価:本体373円+税




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません