IZ*ONE、悪質コメントに対して2次追加告訴「善処や合意なしに強硬な法的措置を」

写真:OFF THE RECORD

IZ*ONE(アイズワン)の所属事務所が誹謗中傷などの悪質コメントには善処することなく強硬対応を取ることを改めて強調した。

25日、IZ*ONEの所属事務所は「当社は昨年11月にIZ*ONEのメンバーに対する侮辱的な誹謗(ひぼう)掲示物作成者、虚偽事実の流布者などを情報通信網法違反(名誉毀損)および侮辱罪の疑いで法務法人地平を通じて1回目の告訴状を提出しました」と現在の状況について明らかにした。

続いて、「当時、メンバーが受けた精神的な衝撃、萎縮した心理状態などを考慮し、これといった報道なく静かに告訴を進めましたが、各種オンラインコミュニティー及びポータルサイトに掲載されている悪質な書き込みの実態は、依然として看過できないほど深刻な状況です」と説明した。

そして「法務法人地平とともにモニタリング収集資料、IZ*ONEファン連合が情報提供したキャプチャー資料などを集め、悪質な書き込みを掲載した人を情報通信網法違反(名誉毀損)と侮辱罪で2次追加告訴する予定です。一切の善処や合意なしで強硬な法的措置を取ります」と強調した。

現在、IZ*ONEは6月15日に3rdミニアルバムでカムバックを準備中だ。




ページ上部へ戻る