防弾少年団(BTS)の所属事務所Big Hitエンターテインメント、本社ビルの防疫措置へ

Big Hitエンターテインメント

写真:Big Hitエンターテインメント

トップアイドルグループ防弾少年団(BTS)の所属事務所Big Hitエンターテインメントが入居しているソウル大峙洞(テチドン)にある本社ビルMDMタワーに新型コロナウイルス関連の防疫措置が行われた。
近くの建物であるトンイルタワーにある宿泊プラットホーム業者から新型コロナウイルス感染者が発生したためだ。

Big Hitエンターテインメントは13日、「保健当局が本日、MDMタワーも防疫措置を実施する予定だ。当局の措置に誠実に従う予定だ」と明らかにした。

Big Hitエンターテインメントの社員は政府の指針に従い、ソーシャルディスタンス期間中の2月26日から今月5日まで在宅勤務を行ってきた。
生活防疫転換後は出勤となったが、梨泰院(イテウォン)のクラブで感染者が発生し再拡散の兆しを見せると、 11日から再び在宅勤務を実施している。

MDMタワーは閉鎖されず、防疫だけが進められている状態だ。




ページ上部へ戻る