東方神起 ユンホ、マスクの特許取得で話題に!趣味の発明を活かし

ユンホ マスク

写真:特許庁のSNS

東方神起のユンホが飲み物を飲むことができるマスクの特許を取得したことがニュースとなり、この日リアルタイム検索語でユンホのマスク関連のキーワードがランキング入りした。

26日、特許庁は、ユンホが今月3日に開閉可能なキャップ付きマスクデザインの特許を出願したことを明らかにした。
該当デザイン特許は今月16日に正式に登録された。

ユンホの特許申請マスクは、マスクの中央部に開閉可能なキャップがついている構造だ。マスクを外さない状態でキャップを開けてストローを使い、楽に飲み物を飲んだり相手と自然な会話ができるようにデザインされている。

写真:特許庁ホームページ

ユンホが初めてマスクデザインを企画したのは、新型コロナウイルスの事態が発生する以前だという。
普段、マスクをつけることが多かったユンホは、マスクをつけている時の不便を解消したいと思い、このマスクのアイデアを考えたという。

今回の特許出願と関連し、ユンホは所属事務所SMエンターテインメントを通じて、「普段マスクをよく使いますが、マスクを着けた状態で簡単に素早く水を飲む方法はないだろうか?と考えていたところ、特許まで取ることになりました」とのコメントを伝えている。

ユンホは過去にテレビ番組を通じて、自身の趣味が発明だと明らかにしていた。
2017年にKBS2の人気トークバラエティ番組「ハッピートゥゲザー3」に出演した際には、カプセル装着が可能な二重カップで特許証をもらったことを明らかにし、またMBCの「私は一人で暮らす」でも各種特許証を公開していた。




ページ上部へ戻る