ナム・ジュヒョク、4月にYGエンターテインメントと契約満了、コン・ユら所属の「森」とマネジメント契約締結なるか?

ナム・ジュヒョク

写真:YGエンターテインメント

俳優ナム・ジュヒョクが、YGエンターテインメントとの契約期間を満了し、再契約はせず、新しい所属事務所に所属する可能性が高くなった。

ナム・ジュヒョクは4月にYGエンターテインメントと契約が満了する予定で、今後の動きに関心が集まっていた。

9日には、YGエンターテインメントの関係者がマスコミ取材に対し「ナム・ジュヒョクと契約期間がまだ残っている状況で、現在、再契約を論議中です」との立場を明らかにしていた。

ナム・ジュヒョクは芸能界デビュー後、KPLUSに所属し、その後しばらくしてからYG KPLUS、続いてYGエンターテインメントへと所属事務所を移した。

最終的にナム・ジュヒョクは、コン・ユ、コン・ヒョジン、チョン・ドヨン、チェ・ウシクなど人気俳優が多数所属するマネジメント森と契約をすることが11日になって報じられた。

※同日、「マネジメント森」側は「ナム・ジュヒョクとミーティングを行ったのは事実だが、まだ(契約については)決定していない」との立場を明らかにしている。

ナム・ジュヒョクは、昨年3月に韓国で最終回を迎えたJTBCドラマ「眩しくて」に出演した。
今年は、Netflixドラマ「保健教師アン・ウニョン」で視聴者にその姿を見せてくれる予定だ。

現在は、missA(ミスエイ)出身のペ・スジと主演でキャスティングされたtvNドラマ「スタートアップ」の撮影を控えている。また、ノ・ヒギョン作家の新作「HERE(仮題)」にもキャスティングされており、今後のさらなる活躍に期待が集まっている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません