キム・ジェファン「僕のほうがみなさんから癒しをもらっています」日本で2度目の単独公演大盛況!

昨年12月にセカンドミニアルバム『MOMENT』を発売したキム・ジェファンが昨年6月以来7か月ぶりの日本で2度目の単独公演「KIM JAEHWAN NEW YEAR CONCERT in JAPAN-MOMENT 2020-」を1月10日(金)市川市文化会館にて行った。昼公演をレポート。

オープニングでは、煌びやかな白い衣装を着たキム・ジェファンの登場に会場は大歓声に包まれた。セカンドミニアルバムから『누나(ヌナ)』をキュートなパフォーマンスでファンを魅了すると『Designer』ではキレのあるダンスと伸びのある歌声で会場を一気に盛り上げた。

一旦ステージを去ったジェファンをMCの藤原倫己氏とファンの呼び込み、再び登場。「こんにちは、キム・ジファンです。こうやってまた日本で公演を行うことが出来てワクワクしています。今日はとても楽しみにしています」と挨拶。

最初のトークでは新年の話題へ。1996年のねずみ生まれというジェファンは、年男ということで気持ちを聞かれると「実は、ねずみ年になるのを待っていました。仕事も上手くいきそうで、より幸せになれそうな気がします。」「今年はアルバムやドラマのOSTなども沢山できればいいなと思っています」と今年の抱負を語った。

12月に発売されたミニアルバム『MOMENT』について、「最初のミニアルバムより、よりヒップなものにしたい、ダンスも沢山踊ってみたいと思いました。」アルバムで好きな曲を聞かれると『Who Am I』をあげ、「自分でメロディも構成も考えたので、より愛情が深くて、歌うたびにいいなと思います。」とアルバムへの思いを語った。

忙しい時のリフレッシュ法を聞かれると「良く寝ることと、時々ビールを飲んだりすること。何より公演を行うことがヒーリングなので、出来るだけ沢山公演をしたい。むしろ僕のほうがみなさんから癒しをもらっています。」とファンに感謝した。今日は日本で2度目の公演だが緊張していますか?と聞かれると「競う番組でない限りは緊張しません」と即答。また、知っている日本語に「かわいい」「あいしてる」と日本語で言うと会場から大きな歓声が上がった。

次に「この時間がみなさんにとって特別な思い出になるように、素敵な記憶に残るようにという思いを込めて…天井を見てください、暗いですよね?」と問いかけると初のOST参加となったドラマ『補佐官』より『Black Sky』をしっとりと聴かせた。ギターを抱えると、好きなアーティストのプリンスを真似て「ギターを弾くときは左手に指輪をしているとギターを弾けません」と言って、左手にしていた指輪を外すしぐさに会場は悲鳴が沸き、ギターの弾き語りから始まったSia の『Chandelier』を圧巻の歌声で披露した。

歌い終え、バンド音楽が好きというジェファンは、好きな日本のバンドにX JAPANとONE OK ROCKをあげ、「バンドの演奏でステージを務められたら、よりかっこいいステージを見せれるんじゃないかと思うので、出来ることを一生懸命願っています。」と意気込みを語った。

2ページ目に続きます!




固定ページ:

1

2
ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません