IN2IT(イントゥイット)、所属事務所と契約解除…解散はせずに独自での活動へ

IN2IT

写真:MMOエンターテインメント

Mnetの「少年24」を通じて結成されたグループIN2IT(イントゥイット)が所属事務所と専属契約を解除し、独自で活動をすることが発表された。

11日、MMOエンターテイメントはIN2IT公式ファンコミュニティを通じて「これまでIN2ITを大事にしてくださったたくさんの方々に深く感謝し、メンバーらと相互合意の上、2020年1月31日付けでIN2ITメンバーとの専属契約を解除することになりました」と明らかにした。

また、「この5年余りの間、ジアン、ヨンテ、インホ、ヒョヌク、アイジャック、インピョと共に仕事をすることができて幸せで、ありがたく思います。今後、独自に続けていくIN2ITの活動にもIN2U(IN2ITのファン)皆さんのより一層温かい関心と応援をお願いします」と伝えた。
「独自に続けていくIN2IT」と表現し、専属契約解除とはしたものの、グループ解散についての言及はなかった。

パラサイトシナリオ集

IN2ITは2016年に放送されたMnetサバイバルプログラム「少年24」を通じて結成され、2017年に1stミニアルバム「Carpe Diem」でデビューした。

2018年3月にメンバーのジンソプが健康問題でグループを脱退した。

また昨年にはMnet「プロデュースX101」に出演したソンヒョンが「『IN2IT』としてスタートする前に契約をし、契約金はもちろん今まで一度も精算を受けたことがない」とし、経済的な理由で活動を辞めるという文をオンラインに掲載し物議となった。
「会社に事情を話すと、違約金として最初は3億5,000万ウォンを要求、以降1億2,000万ウォンと金額を調整した」という疑惑を暴露する書き込みもされ、当時イシューとなったことがある。

専属契約解除について、日本公式サイトでは以下の告知が10日に出された。

韓国所属社との専属契約解除に関しまして

『こんにちは。今までIN2ITを大切にしてくださったたくさんの皆様に深く感謝のご挨拶をお送りし、メンバーと相互合意のもと、2020年1月31日付けでIN2ITメンバーとの専属契約を解除することになったことをお伝え申し上げます。この5年余りの間、ユジアン、チョンヨンテ、ファンイノ、ハンヒョヌク、アイジェク、イインピョ君と一緒に出来て幸せでしたし、感謝をしています。今後、独自で持続されるIN2ITの歩みにもIN2Uみなさんのたくさんの暖かい関心と応援をお願い致します。

よって、本ファンクラブ及びSNSアカウントの権限などは、IN2ITのメンバーへ移管され、メンバーが直接管理する予定です。ファンカフェの権限移管手続きが行われている間(最大一週間)文章に制限がありますので、ご理解をお願い致します。』

なお、今後の日本での活動につきましては、現在告知されているスケジュール及び、今後発表されるスケジュールにおいても変わらず行っていきますので、これからもたくさんの応援をよろしくお願い致します。

IN2ITは、3月に日本デビューシングルの発売を記念してショーケースを開催することが明らかになっている。

IN2IT(イントゥイット)過去の取材レポ




ページ上部へ戻る