イ・ビョンホン、ユニセフ年末キャンペーンに参加!「父親になりより切実に感じられた」

イ・ビョンホン

写真:ユニセフ韓国委員会

俳優イ・ビョンホンがユニセフ韓国委員会の年末テレビ番組とオンライン募金キャンペーンに参加し、世界の子供たちに向けた温かい関心を訴えた。

1日に公開されたユニセフ韓国委員会TVキャンペーンでは、アン・ソンギ親善大使とともにイ・ビョンホンが、か弱い子供たちの手を握ってほしいと訴える姿が映し出された。

アン・ソンギ

写真:ユニセフ韓国委員会

今回のキャンペーンは、25年にわたり韓国委員会の親善大使として献身してきたアン・ソンギはもちろん、キャンペーンの趣旨に共感してテレビやオンラインキャンペーンに才能寄付で出演したイ・ビョンホンの参加が加わり、一段と注目を集めている。

イ・ビョンホンは「父親になり、寒い冬を1人で過ごす子供たちの話がより切実に感じられた」とし、「今回のユニセフ年末キャンペーンは『私たちの関心とアクションで、飢えと寒さと戦わなければならない世界各地の子供たちの人生が変わる』ということを語っている」と語った。

そして、「テレビとオンラインチャンネルを通じ、より多くの方々に参加してもらいたいという気持ちから、今回の両キャンペーンに参加することになった」と明らかにした。

2人の俳優の心のこもったメッセージが映し出される「手を握ってください」の映像は、今月1日からSBSと総合編成チャンネルで放送されている。

すべての子どものための1つのチームを意味する「ユニセフチーム」オンラインキャンペーンは、今月18日からスタートする予定だ。

また、イ・ビョンホンが出演する新作映画「白頭山」は、19日から韓国で封切りとなる。




ページ上部へ戻る