John-Hoon『本当に特別な日になります!』 1/5大阪、1/7東京で、デビュー20周年と誕生日の記念公演 John-Hoonオフィシャルインタビュー

1/5(日)大阪と1/7(火)東京にて、デビュー20周年と1月20日の自身の誕生日を記念した公演『John-Hoon 20th Anniversary NEW YEAR Memorial Days』が決定している韓国アーティストで俳優のJohn-Hoon(キム・ジョンフン)のオフィシャルインタビューが到着した。

ファンのみなさんに感謝しながらむかえるデビュー20周年の心境や、イベントへの意気込み、そしてプライベートについても笑顔で答えてくれた。

John-Hoon オフィシャルインタビュー

Q、来年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤーです。20年間を振り返ってみていかがですか?
―来年40歳を迎え、人生の半分の時間を芸能活動してきたので、本当に意味のある年だと思っています。泣いたり笑ったりいろいろなことがありましたが、こうやって20年間活動できたのは、ファンの皆様のおかげで、本当にありがたいなと感謝しています。

Q、20年間欠かさずに続けていることはありますか?
―ちょっと子供っぽいんですが、ゲームやビリヤードはずっと好きです。周りの友達はみんな大人になって趣味が変わってしまったみたいですが、僕は変わらずやり続けています。
2〜3年くらい前は特にビリヤードに熱中していて、アマチュアの試合にも出たりしていました。
あとは映画やドラマも好きで、最近は動画コンテンツのプラットフォーム(Netflix等)が増えてきたこともあり、たくさん観ています。

Q、20年前、20年後の自分に会えるとしたらどんなメッセージを送りますか?
―20年前の自分に会ったら・・・もっと頑張って、と言いますね。
10年くらい前から自分の体のために運動を始めたのですが、20年前は全くしていなかったので、もっと早く運動を始めて!と伝えたいです。
20年後の自分・・・正直会いたくないです(笑)
言葉ではなく握手をして、そしたらたぶん20年後の僕が話しかけてくると思います、もっと頑張ってって(笑)

Q、10月にソウルでファンミーティングが開催され、大変盛り上がったと聞きました。ご自身はいかがでしたか?
―日本から足を運んでくださった方もいて本当に嬉しく思いました。
公演の前日にみなさんと夕食を食べたんですが、公演だけでなくそのような特別な時間があったからこそ、次の日の公演がさらに盛り上がったように感じます。

Q、海外に行かれることもたくさんあるかと思いますが、必ず持っていくものはありますか?
―携帯、iPad、パスポート、クレジットカードはいつも持ち歩いています。
昔はノートパソコンを持ち歩いてましたが、僕のは大きいし重たくて・・・。
中国で初めて活動したとき、上海に三ヶ月ほど住んだことがあって、その時は家にあるデスクトップパソコンをどうしても持って行きたくて、箱に入れて持ち込んだんですけど、空港のスタッフにすごく怪しまれてしまって、30分くらい説明してやっと通してもらったこともありました。最近はiPadもあるし、そこまですることは無くなりましたね。服装もあまりこだわりませんし、基本的に荷物は少ない方だと思います。

Q、日本の活動の中で印象に残っている場所はありますか?
―日本では地方にもたくさん行きましたが、韓国よりも四季がハッキリしている気がします。札幌の白い雪、福岡の暑さ、京都の静けさなど、日本は季節や天気によっていろいろな雰囲気を持っているなと感じました。
一番衝撃的だったのは、UNで活動していた時、PV撮影で初めて札幌に行ったのですが、こんな風景が東アジアにあるのかと驚きました。聞いたことはあったんですが、実際に体験したのは初めてで、美しい雪と目の前に広がる家や道の風景が、アニメや映画の世界のようで印象的でした。

Q、気分が落ち込んだ時に聞く音楽はありますか?
―ロックを聞くと落ち込んだ気持ちが少し楽になる気がします。
それまではあまり聞かなかったのですが、数年前に好きになってからよく聞くようになりました。最近は特にONE OK ROCKさんが好きです。日本語と英語が混ざり合って不思議な感じがしますよね。英語の発音もとても綺麗でアメリカの方なのかなと思うくらいです。今はほぼ毎日聞いています。

Q、1月のイベントでは、デビュー20周年とお誕生日を日本のファンのみなさんとお祝いしますが、どのように感じていますか?
―今回は東京だけでなく大阪のファンのみなさんともお会いできますし、デビュー20周年と、そしてこれは悲しくもあるのですが(笑)僕の40歳のお祝いですから、本当に特別な日になると思います。
歌うことも重要ですけど、皆さんと一緒に楽しい思い出を作りたいです。

Q、1月のイベントのために何か特別な準備はしていますか?
―日本でも今までたくさんコンサートなど活動してきましたが、今回は韓国でデビューしてから20年ということで、今まで日本で歌ったことのない曲も用意しています。特に今回は、韓国の曲もたくさん用意しています。
日本の公演で韓国語の曲を歌うことはあまり多くなかったのですが、今までのジョンフン、UN時代があっての今の僕ですから、本当に意味のある曲ばかりです。すごく久しぶりに歌う曲もあるので、僕も緊張しています。

Q、最後に日本のファンの皆さまへメッセージをお願いします。
―デビューして20年、年齢も40歳だと思うと、本当に時間が経つのが早いですね。
これはみんなが言うことですが、年を取ればとるほど、次の年がくるのがもっと早くなる気がします。
みなさんと出会って、人生の半分を一緒に過ごすことができて、僕は本当にラッキーで光栄だなと思っています。
これからもずっとそばにいてください!

時折見せる笑顔が少年のように可愛らしく、昔と変わらないソフトな雰囲気で一問ずつ丁寧に答えてくれたJohn-Hoon。『感謝』や『特別』という言葉を何度も口にし、20年を経ても変わらぬファンへの想いが伝わってくるインタビューだった。John-Hoonにとってアニバーサリーイヤーとなる2020年の幕開けとなるイベントは、これまで日本では披露していなかった楽曲も予定しているということで、John-Hoonにとってもファンにとっても特別な一日になるだろう。

昼公演はファンミーティング、夜公演はコンサートと趣を変えたイベントのチケットは、現在各プレイガイドにて好評発売中。
『John-Hoon 20th Anniversary NEW YEAR Memorial Days』では、参加者全員ハイタッチ会のほか、貴重な2ショットチェキ会や、オフィシャルグッズの購入者を対象とした豪華特典会の開催も決定している。

John-Hoon 20th Anniversary NEW YEAR Memorial Days

1/5(日):大阪
1/7(火):東京

チケットぴあ予約【公式】>>
ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません