防弾少年団(BTS)、米「ビルボード200」に再びランクイン!

写真:BIG HITエンターテインメント

防弾少年団(BTS)が、ビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」に再びランクインした。

10日(以下現地時間)、アメリカのビルボードが発表した最新チャートによると、今年4月に発売された防弾少年団の「MAP OF THE SOUL:PERSONA」が「ビルボード200」193位を記録した。

同アルバムは、4月27日付けの「ビルボード200」でランクイン初週1位でスタートし、22週連続チャートインした。
以後継続して「ビルボード200」入りし、通算29回チャートに名を連ね、依然と人気を維持している。

さらに、「MAP OF THE SOUL:PERSONA」は「WORLD ALBUMS」3位、「INDEPENDENT ALBUMS」8位、「TOP CURRENT ALBUMS」41位などで各チャートの上位にランク入りした。
また、今月6日に発表された防弾少年団のSUGAとHalseyのコラボレーション曲「SUGA’s Interlude」が「DIGITAL SONG SALES」41位、「POP DIGITAL SALES」24位にランキングしている。

防弾少年団は先週5日、ビルボードが発表した2019年の「YEAR-END CHARTS」で「TOP ARTISTS DUO/GROUP」2位、「TOP ARTISTS」15位を記録し、韓国歌手として初の3年連続チャートインしていた。




ページ上部へ戻る