パク・ジフン、12月にカムバック決定!アジアツアーで本格歌手活動開始

写真:MAROO企画

Wanna One(ワナワン)出身のパク・ジフンが12月、歌手としてカムバックする。

10月31日、パク・ジフンの所属事務所であるMAROO企画は「パク・ジフンが12月、ニューアルバムを発売する。『FANCON ASIA TOUR』も開催し、歌手としてファンと会う予定だ」と明らかにした。

パク・ジフンのニューアルバムは、今年3月に発売した「O’CLOCK」以来、約10ヵ月ぶりのリリースとなる。
パク・ジフンは「O’CLOCK」で韓国最大のアルバムセールス集計サイトHANTEOチャートで、男性ソロ歌手として初日最高のセールス枚数を記録した。
それだけでなく、「2019 SORIBADA AWARDS」本賞と新韓流アイコン賞、「2019 アジアモデルアワード」アジアスター賞を受賞した。

前作を通じてソロアーティストとしての無限の可能性を立証し、国内外のファンから爆発的な反響を得たパク・ジフンの新しいアルバムへの期待が高まっている。

パク・ジフンは現在、JTBC「朝鮮婚談工作所:コッパダン」でコ・ヨンス役を演じており、来週の月火曜夜9時30分の放送で最終回を迎える。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません