お帰りなさいヨンファ!CNBLUEジョン・ヨンファがファンのお出迎えの中、明るい笑顔で除隊

ジョン・ヨンファ

写真:ジョン・ヨンファのinstagram

CNBLUEのジョン・ヨンファが3日午前、江原道(カンウォンド)華川郡(ファチョングン)看東面(カンドンミョン)の看東事務所で、出迎える国内外のファンを前に除隊の挨拶を伝えた。

ジョン・ヨンファは、昨年3月5日に江原道 華川15師団新兵教育隊に入所した。

そして、5週間の基礎軍事訓練を優秀な成績で終えた後、第2軍団第702特攻連隊に志願入隊した。

※第702特攻連隊は陸軍の特殊部隊である特攻隊部隊の一つ

ジョン・ヨンファは、TOPチームや特急戦士に選ばれたり、早期進級をしたり、また、各種訓練の最優秀賞を受賞するなど、優秀で模範的な軍生活を送った。

この日、ジョン・ヨンファの除隊現場には約1,000人のファンが除隊を祝うために肌寒い気候の中、早朝から集まった。

ジョン・ヨンファは、明るい笑顔で拍手をしながら登場し「特攻!」と凛々しく軍の敬礼をした。
何度も取材陣にこっちを向いてもう一度ポーズをお願いしますと頼まれ、照れながらもキリッとした表情で「特攻!」と敬礼するジョン・ヨンファの姿にファンは大きな歓声を上げた。

ジョン・ヨンファは「皆さん、お会いできて嬉しいです」とファンとの再会を喜んだ。

そして「2019年11月3日をもって、転役を命じられ除隊することになりました」と除隊を報告し、「とても久しぶりに多くの方々の前で、このようにお会いできる場に立ち、すごく緊張します。20ヵ月ぶりにカメラの前に立つので緊張します」とドキドキする心境を語った。

ジョン・ヨンファは、「今まで待っていてくださった皆さんのおかげで、大変な訓練にもかかわらず、特攻隊員として、陸軍の最精鋭戦士として、また最精鋭部隊だったので厳しい訓練も列外なく、すべての訓練を終えて戻ってきたので、体力的にも成長したようで、そして精神力も強くなったようです。一緒に軍生活を送った戦友たちと別れて、少し名残惜しいですが、また芸能人ジョン・ヨンファとして戻り、ますます軍生活の間に学んだ多くのことを生かす、そんなジョン・ヨンファになりたいと思います」と除隊の感想と今後の抱負を語った。

除隊の実感があまり沸かないジョン・ヨンファが「長い休暇を終え、また何か(軍に)戻らないといけない気分がする」と言うと、ファンは「ダメだよー」「ダメ~!」と大きな声で反対した。
ジョン・ヨンファは「だめなんだけど、そんな気分です」と明るく笑った。

そして「軍隊生活ストーリーはきちんとお話します」とし、「今日全部話しちゃうと、後で話すことがなくなるので、後々皆さんがうんざりするまでお話ししますね」と冗談を言いながら、「新しい気持ちで再スタートを切るので、カッコいい活動をぜひ期待してください」と話した。

賞状を公開し早速約束を守るヨンファ!

最後に「本当に寒い中、待ってくださった皆さんに感謝しています。これからは良いことだけたくさんあるように、もっと頑張ってさらに皆さんを幸せにできる芸能人ジョン・ヨンファとして活動していきます」と挨拶した。

1年8ヶ月の兵役を終えたジョン・ヨンファは、本日の軍除隊直後から芸能活動に突入する。
ジョン・ヨンファは、「2019 FNC KINGDOM -WINTER FOREST CAMP」で除隊後初の日本でのステージに立つ予定だ。

12月にはソウルでソロコン開催も決定!




ページ上部へ戻る