BTS(防弾少年団) 海外アーティストとして初のサウジアラビア単独スタジアム公演にファン大熱狂

BTS

写真:BIGHITエンターテイメント

今月11日、BTS(防弾少年団)が、サウジアラビアの首都リヤドに位置するキング・ファハド国際スタジアム(King Fahd International Stadium)で、海外アーティストとしては初めてとなる単独スタジアムコンサート「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」追加公演を開催、中東のファンを大熱狂させた。
同公演には、約3万人の観客が集まり、会場は熱気に包まれた。

BTSが中東でコンサート舞台に立つのは、2016年にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催された韓流フェスティバル「KCON」以来2度目となるが、単独でのコンサートとしては初めてだ。
さらに、サウジアラビアでスタジアム規模のコンサート会場で海外アーティストがコンサートを開催するのはBTSが初めてということもあり、大きな注目が集まっていた。

リーダーのRMは「皆さんが遠くにいる僕たちに大きな愛を送ってくれていることを知っています。今日は、長い間待ってくれたファンのためのフェスティバルです。信じられないこの瞬間を作ってくれたARMYに感謝ます。今日、このステージを忘れず、永遠に心に仕舞っておきます」とサウジアラビアでの単独公演開催についてARMY(BTSのファン)への感謝と感動を伝えた。

BTSは、「Dionysus」から始まり、メンバーのソロ曲や人気のヒットナンバーなど計24曲を熱唱し、会場を盛り上げた。

防弾少年団は今月26日と27日と29日の3日間、ソウル・蚕室(チャムシル)に位置するオリンピック主競技場で「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF THE FINAL」を開催し、昨年8月から続いた「LOVE YOURSELF」ツアーファイナルを飾る予定だ。




ページ上部へ戻る