元Wonder Girls ソンミ、「LALALAY」2週間の活動を終えミニファンミーティングを開催

写真:MAKE USエンターテインメント

元Wonder Girls(ワンダーガールズ)のソンミが「LALALAY」の活動を終え、「大きな挑戦だった。愛されて幸せだったし、これからもっとがんばるために肩の荷が重くなった」と2週間の活動の感想を伝えた。

ソンミは8日に韓国で放送されたSBSの音楽番組「人気歌謡」で、シングル「LALALAY」の活動を終了した。
「LALALAY」の最後の舞台で、ソンミはユニークなスタイリングとカリスマあふれるパフォーマンスで強烈な魅力を発揮し、ファンの視線を引き付けた。

また、ソンミは、昼夜問わず応援してくれるファンのためにアイスクリームのケータリングカーを準備しミニファンミーティングを行った。
ソンミは、ミニファンミーティングの企画にも参加し、ファンへの愛情を見せた。

ソンミは「今回の『LALALAY』は、今までやってきた音楽とは違う雰囲気の歌だったので、私にとって大きな挑戦でした。それでも多くの応援と愛を受けて幸せでした。これからもっと頑張らなくちゃいけないという思いで肩の荷が重くなりました。それでもプレッシャーよりも楽しみながら音楽をやっていきたいです」と語った。

そして、「2週間という短い活動で、残念に思ってくれるファンに申し訳なく、ありがとうと伝えたいです。次のアルバムはもっと多彩な活動と音楽で戻ってくるので、期待して待っていただければと思います」と挨拶した。

ソンミは8月27日にシングル「LALALAY」を発表、韓国の8つの音源サイトで1位を総なめにし、人気の底力を誇示した。




ページ上部へ戻る