カン・ダニエル、LMエンターテインメントとの専属契約紛争が合意により終結!

写真:カン・ダニエル Instagram

歌手カン・ダニエルと元所属事務所LMエンターテインメントとの専属契約紛争が終了した。

今月27日、芸能マネジメント協会は「紛争の両当事者たちは、芸能マネジメント協会の調停を通じ合意が成立、専属契約紛争が終了したことをお知らせします。利害関係を離れ、お互いを信頼していた人間関係の面で両当事者たちはマスコミ、メディア、芸能業界、関係者の方々に恐縮した気持ちを伝えました。本協会の仲裁を通じた対話過程で、紛争の長期化による不必要な問題や追加被害を防止するため、合意決定を下すことになりました」と明らかにした。

そして、「LMエンターテイメントは芸能業界の大衆文化産業環境のため、カン・ダニエルの新しい所属事務所の活動を了解し、認めることにしました。さらに、両当事者は各自の訴訟代理人を通じて2019年9月27日を基準に全ての訴訟を取り下げました。カン・ダニエルはソウル中央地裁に提起した専属契約効力停止仮処分申請および本案訴訟を取り下げ、LMエンターテイメントはソウル高裁に抗告した仮処分異議申請を取り下げると同時に、両当事者の専属契約は解除されることで紛争が終結しました」と説明した。

今年3月にカン・ダニエルが、自らのSNSを通じてLMエンターテイメントとの紛争について明らかにし新しいSNS開設を予告したことで、世間の大きな関心を集めてきた紛争は、約半年の時間を経て終結することになった。




ページ上部へ戻る