防弾少年団(BTS) RM、聴覚障害の学生の音楽教育のために1億ウォンを寄付

写真:BIG HITエンターテインメント

防弾少年団(BTS)のリーダーRMが、聴覚障害のある学生のために1億ウォンを寄付した。

20日、聴覚障害者特別支援学校・ソウルサムソン学校は「RMが12日に自身の誕生日を迎え、聴覚障害生徒たちの音楽教育の支援に向けて使ってほしいと1億ウォンを寄付した」と明らかにした。

学校関係者は「聴覚に障害がある学生が、様々な方法で音楽を一緒に楽しむことができるようにと寄付した。受け取った寄付金は耳の不自由な学生の音楽教育と芸術公演活動のために使用する予定だ」とコメントした。

ソウル市銅雀(トンジャク)区に位置するソウルサムソン学校は、社会福祉法人ソウルサムソン院傘下の聴覚障害特殊教育機関で、幼稚園から高校まで約120人の学生が在学中だ。

ソウルサムスン学校の校長は、「聴覚障害の生徒も音楽を通じて楽しさを感じ、社会的に自信を持つことができるよう、様々な音楽活動を支援する」と語り、RMの寄付に感謝の気持ちを伝えた。

防弾少年団は10月11日にサウジアラビアの首都リヤドでの公演を、26日から29日にはソウル松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)オリンピックメインスタジアムでスタジアム公演「LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF」を控えている。




ページ上部へ戻る