2019 MAMAは名古屋ドームで12月4日開催!日韓関係の政治問題とは別に民間の文化交流をとの意図で

ⓒCJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

音楽で一つになるアジア最高の音楽授賞式「Mnet Asian Music Awards」(以下MAMA)。
今年の開催スケジュールと開催場所に関心が集まっていたが、12月4日(水)に愛知県の名古屋ドームで開催されることが決定した。

MAMAは、韓国初のミュージックビデオの授賞式として開催した1999年Mnet映像音楽大賞から始まり、2009年にはその名をMAMAに改称して、現在のグローバル音楽授賞式の形へと変貌を遂げ、韓国の音楽産業の発展とともに成長してきた。
アーティストにとっては「夢の舞台」として、世界中の音楽ファンにとっては「最高のアジア音楽授賞式」として認識されてきたMAMAは、今年もその名にふさわしい最高の音楽フェスティバルとしてファンの元を訪ねる計画だ。

この2年間においては、各年3地域で開催したアジアの音楽市場の融合と交流を拡大してきたMAMAが、2019年は日本の名古屋ドームに上陸する。
MAMA史上初となるドーム開催はもちろん、過去最大規模で行われるMAMAになる見通しだ。

特にドーム公演は一流アーティストにふさわしい場所であり、すべての歌手たちが羨望する舞台でもある。
今までもK-POPアーティストたちが公演を成功させてきた。名古屋ドームで行われる今年のMAMAを通じて、もう一度アジア最高の音楽授賞式としての地位を刻んでいく予定だ。

MAMA事務局側では、政治的な関係からMAMAの開催地の選定について多くの議論を重ねてきたが、政治問題とは別に民間の文化交流は続けなければならないというのが大方の意見として挙げられ、日本での開催決定に至った。

グローバル音楽授賞式MAMAは、単なる年末音楽授賞式を越え、今や全世界のK-POPファンが楽しむ最大の音楽フェスティバルであり、アジア大衆音楽拡散の場、アーティストたちのグローバルコミュニケーションの窓口としての地位を固めている。

MAMAを総括するCJ ENMの音楽コンテンツ本部長シン・ヒョングァンは、「アジア最高の音楽授賞式として定着したMAMAは、K-POPのグローバルな影響力の拡大と韓流拡散の起爆剤として役割を果たしてきた」とし、「国と文化の境界を越えて、K-POPとアジア音楽が世界の主流になれるよう努力を続けていきたい」とビジョンを語った。

ⓒCJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved




ページ上部へ戻る