「プロデュースX101」出身キム・ミンギュ、初のファンミーティング大盛況に終える

写真:Jellyfishエンターテインメント

Mnet「プロデュースX101」に出演したJellyfishエンターテインメントの練習生キム・ミンギュが、初のファンミーティングを盛況裏に終了した。

キム・ミンギュは25日、ソウル光云(クァンウン)大学東海(トンヘ)文化芸術館で午後2時と7時、の全2回、初のファンミーティング「十九、ミンギュ」を開催した。
ファンへの感謝の気持ちを込めて準備した様々なコーナーから幼い頃の写真公開、特別な映像とステージまで、ファンへの愛でいっぱいの120分をファンとともに過ごした。

キム・ミンギュはVIXX(ビックス)の「別れの公式」と番組では披露できなかった「Pretty Girl」のステージでオープニングを飾った。
チョン・ジュニルの「揚げ足」とポール・キムの「君に会って」でバラードのステージも披露した。

キム・ミンギュは、これまで未公開であった幼少時代の写真をサプライズ公開したり、「プロデュースX101」の裏話を明かし、ファンを笑わせた。

また、合計19個の質問に素早く答えファンの疑問を解消したり、同時に自分だけのTMIを公開するなど、ファンとの距離感は縮まり、親近感を感じさせた。

この日、「プロデュースX101」に一緒に出演した仲間であるイ・ジニョク、イ・セジン、チェ・ビョンチャンが特別ゲストとしてファンミに登場し華を添えた。
国民プロデューサー代表として活躍したイ・ドンウクも映像で祝いの言葉を伝えた。

キム・ミンギュはイ・ジニョク、イ・セジン、チェ・ビョンチャンと「Pretty Girl」「U GOT IT」「MOVE」などのステージを披露しファンの歓声を浴びた。

キム・ミンギュは「無限に成長して多くのものをお見せできるよう努力します。いつも力になってくださってありがとうございます。新芽からつぼみ、そして今後、花を咲かせた19歳のミンギュをお見せします」と今後の活動への意気込みを伝えた。

初のファンミーティング「十九、ミンギュ」を大盛で終えたキム・ミンギュの今後の歩みと活躍に期待が集まっている。




ページ上部へ戻る