カン・ダニエル、ソロデビュー記念ファンサイン会盛況に終了!格別なファン愛見せる

写真:KONNECTエンターテインメント

歌手カン・ダニエルが、ソロデビュー後初のファンサイン会を成功裏に終えた。

カン・ダニエルは7月31日と8月1日の2日間、光州(クァンジュ)、大田(テジョン)、釜山(プサン)、大邱(テグ)などでソロデビュー後、正式に初のファンサイン会を開き、ファンと特別な時間を過ごした。

ソウルではなく光州が初のファンサイン会の場所になった点も異例の決定で注目を集めた。
カン・ダニエルは、光州に続き大田、釜山、大邱などを訪問、2日間の移動距離だけで1,500kmに逼迫した。

釜山では公開ファンサイン会を行い、より多くのファンに会った。ロッテデパート釜山本店のアリーナ広場で行われたファンサイン会で、カン・ダニエルは終始明るいスマイルを見せファンとの貴重な時間を共にした。

サイン会が行われている間、大型電光板を通じてリアルタイムで現場の様子配信され、遠くの席からでも画面いっぱいにカン・ダニエルを見ることができるよう、ファンへの配慮がなされていた。

退場する瞬間までカン・ダニエルのファンへの愛は止まなかった。
ファンサイン会が終了すると、広場を一周して舞台裏で待っていたファンたちとも1人1人目を合わせて感謝の気持ちを伝えた。

カン・ダニエルは地方でのサイン会を終え、ソウルに向かう。
3日には、汝矣島(ヨイド)と上岩(サンアム)で2回目でファンサイン会を開催する予定となっている。




ページ上部へ戻る