新アジアプリンス ペ・ジニョン、初のアジアファンミーティングツアー大盛況に終える!

写真:C9エンターテインメント

歌手ペ・ジニョンがアジア初のファンミーティングツアーを成功裏に終了した。

ペ・ジニョンは7日、シンガポールNUS芸術センター大学文化センターホールで開催された「I’M YOUNG in SINGAPORE」公演を最後に、アジア初の単独ファンミーティングツアーの長旅を終えた。

ペ・ジニョンはCIX公式SNSを通じ、「皆さんのおかげで最後まで終えることができた。ファンミーティングをしている間、とても幸せだったしワクワクした」とし、「ファンの方々にはいつも幸せなことだけ起こってほしい。これから僕たち、もっと良い思い出をたくさん作っていくことを約束!」と感想を述べた。

今年4月、初のソロ曲「終わりを受け入れるのは難しい」の発売とともに、韓国で初めて単独のファンミーティングを開催したペ・ジニョンは、5月にフィリピン・マニラ、日本・大阪と東京、6月にタイ・バンコク、香港、台湾そして7月にシンガポールまで7ヵ国8都市を縦横無尽に行き来し、アジアのファンに会った。

韓国をはじめ、アジア全域で開かれたペ・ジニョンの単独ファンミーティングは、チケット販売開始と同時に全席売り切れを記録し、ペ・ジニョンの人気を立証した。

ペ・ジニョンは、東方神起の「Hug」をはじめ、Mnet「プロデュース101シーズン2」出演当時のミッション曲「Oh Little girl」、Wanna One(ワナワン)のユニットアルバム「11」、ジャスティン・ビーバーの「Baby」、初のソロ曲「終わりを受け入れるのは難しい」などの舞台を披露した。

ペ・ジニョンが直接振付創作に参加したThe Weekndの「The Hills」と SHINee テミンの「MOVE」でスペシャル舞台も飾った。

タイでのファンミーティング当時は、時ならぬ暴雨の中でもファンが大勢集まり、この日ペ・ジニョンは、服が濡れたファンのためにMDTシャツを無料でプレゼントした。ファンの愛に報いたいペ・ジニョンの細心の配慮が温かさを感じさせた。

約3ヵ月あまりの間、初の単独アジアファンミーティングツアーを展開したペ・ジニョンは今月23日、初のEPアルバム「HELLO」を発売して新人5人組グループCIXでデビューする。




ページ上部へ戻る