キム・ヒョンジュン(マンネ)、性的暴行容疑なし→7月の日本ツアーで活動再開

写真:キム・ヒョンジュンのInstagram

性的暴行容疑なしの結論が下され、疑惑が晴れたSS501出身のキム・ヒョンジュン(マンネ)が、日本活動再開のニュースを伝えた。

11日、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)東部警察署は、キム・ヒョンジュンの性的暴行容疑について、容疑なし(証拠不十分)不起訴の意見で前日10日、検察に事件を送致したことを発表した。

今年3月、アイドルグループのメンバーA氏は、2010年5月に高陽(コヤン)市に位置した自宅でキム・ヒョンジュンから性的暴行を受けたと主張し、キム・ヒョンジュンを告訴した。
A氏は仕事をする上でキム・ヒョンジュンと出会い、知人関係にあったが2010年5月に暴行されたと被害を主張した。

キム・ヒョンジュンはA氏を誣告および名誉毀損の疑いで告訴し、警察調査でも「合意による性関係だった」と犯罪疑惑を強く否定した。

警察は双方の供述や情況などを考慮して捜査した結果、証拠がなく不起訴意見で最終結論を下した。

キム・ヒョンジュンは7月に、東京、大阪、福岡、愛知などで日本ツアー「KIMHYUNGJUN REBOOT TOUR 2019」を開催し、芸能活動に復帰する。

6月8日にデビュー14周年を迎えたSS501は、2005年にシングル「SS501」で芸能界デビューし大きな人気を集めた。
キム・ヒョンジュンは2017年に入隊し義務警察として服務、昨年末に召集解除された。

今年3月には「覆面歌王」で話題に




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る