カン・ダニエル、直筆の手紙でファンにメッセージ!感謝とソロ活動への期待を語る

カン・ダニエルの手紙

写真:カン・ダニエルのインスタグラム

Wanna Oneで「国民センター」のニックネームで大人気を集めたカン・ダニエルが、ファンに向けた直筆の手紙を公開した。

10日、カン・ダニエルが今年3月にLMエンターテイメントを相手にした専属契約効力停止仮処分申請について、裁判所はカン・ダニエルの主張を認める形で「LMエンターテインメントと第3者が1月28日に締結した共同事業契約は、LMエンターテインメントがカン・ダニエルの専属契約上の権利のほとんどを第3者に譲渡する内容の契約である」と認めた上で、「専属契約効力を停止するとともに、LMエンターテインメントは、カン・ダニエルの芸能活動に関与し契約交渉、締結、芸能活動の要求及び邪魔をしてはならない」と判断した。

これを受け、カン・ダニエルは自身のインスタグラムに直筆の手紙を掲載し、ファンに心情を伝えた。

カン・ダニエルは、手紙の中で

3ヶ月以上の長い間、僕を信じて待って下さった皆さんに直接お伝えしたくて、このように手紙を書きます。
皆さんが僕に送って下さった応援と関心がなければ、僕はこのように勇気を出すことができなかったと思います。
本当に長かった沈黙の間、皆さんの応援を一つ一つ読みながら感動したり、泣いたりしながら、皆さんの温かさと信頼で一日一日を耐えることができました。
妥協すれば、もう少し簡単に早い道を歩くこともできましたが、僕はゆっくり進むとしても僕自身が堂々と正しい道を歩く姿をお見せしたいと思いました。

こんな僕の行動、僕の考えを信じて下さったファンの皆さんに心から、心から感謝申し上げます。
今まで皆さんから受け取ったすべての勇気と信頼を今度は僕が皆さんに差し上げますね。
皆さんが信じて下さった貴重な舞台で、素敵な歌とかっこいい姿で登場します。

ファンの皆さん!これから新しく始まる新人歌手カン・ダニエル、必ず見守ってください!
今一度、心から感謝申し上げます!

と、書き、これからの活動への期待と喜びの心境を伝えている。




ページ上部へ戻る