IU(アイユー)、子どもの日を前に児童擁護機関へ1億ウォンを寄付

写真:緑の傘子ども財団

歌手兼女優のIU(アイユー)が、経済的に困難な家庭の子どもをサポートするために再び1億ウォンを寄付した。

児童擁護の代表機関である緑の傘子ども財団は、今月3日、IU(アイユー)が一人親家庭や祖父母家庭など、経済的に困難な家庭の子どもたちのために使ってほしいと、1億ウォンを寄付したと明らかにした。

緑の傘子ども財団は、「5月になると経済的に困難な家庭の子どもたちは相対的に大きな剥奪感を感じる。子どもたちのために絶えず関心を持ちながら、ひそかに寄付を続けている歌手IU(アイユー)の善良な影響力を通じて寄付文化が広がり、助けが必要な子どもたちが幸せな子どもの日を迎えてほしい」とのコメントを伝えた。

IU(アイユー)は、2015年から緑の傘子ども財団を通じて寄付を行い着実に善行を続けている。
今年4月に発生した江原(カンウォン)山火事の際にも、被災児童支援金1億ウォンを後援したことが伝えられていた。

IU(アイユー)は、現在まで、緑の傘子ども財団を通じて計6億2千万ウォンを児童らに対し後援してきたとのことだ。




ページ上部へ戻る