ヒョンビン、台湾ファンミーティングで「1日でも早い復興切に祈る」6年ぶりの現地での熱い反応!

写真:VASTエンターテインメント

俳優ヒョンビンが、2019ファンミーティングツアー「LOG INTO THE SPACE」の台湾公演を大盛況のうちに終えた。

22日、ヒョンビンの所属事務所であるVASTエンターテインメントによると、ヒョンビンは今月20日、約6年ぶりに台湾でファンミーティングを開催し、ファンとの出会いの場を持った。

台湾大学の体育館で行われた同ファンミは、「LOG INTO THE SPACE-2019 HYUN BIN FAN MEETING TOUR」というタイトルのように、ヒョンビンとファンが同じ空間で一緖に時を過ごし、約3時間、忘れられない特別な時間を送った。

ファンミーティング開催のニュースが伝わるや、台湾現地の反応は非常に熱かった。公演前日の19日に行われたメディアカンファレンスはもちろん、公演当日もマスコミの取材が続いた。

公演が始まり、オープニング曲を歌いながらホワイトのスーツ姿で舞台に登場すると、客席は大歓声をあげてヒョンビンを迎えた。今年初め、韓国で大きな話題を集めたドラマ「アルハンブラ宮殿の思い出」のOSTからAileeの「is you」を歌う姿は、ドラマの余韻をそのまま伝えるとともにファンの心を一気に虜にした。

ファンミーティングの後半、画面いっぱいに広がったのは、ヒョンビンの手書きの手紙と声だった。彼が手書きした手紙には、ファンへの気持ちが如実に感じられ、感動を与えた。
ヒョンビンは、「毎年訪れる季節の巡りのように、いつの瞬間も戸を叩いてくださる皆さんの心のように、今日のこの場も長い時間ともに築いてきた皆さんとの大切な感情が集まって温かく、幸せでした」と挨拶し、長い間応援してきたファンは深く感動する様子を見せた。

最後の曲として映画「A Star is Born」のOST「shallow」を歌った後、ヒョンビンは最近発生した台湾地震について「どんな言葉も慰めにならないだろうが、少しでも私の応援が力になってほしい。一日も早く被害が復旧し、日常に戻れることを切に願う」と述べた。

ヒョンビンは、2019ファンミーティングツアー「LOG INTO THE SPACE」で、ソウル、台湾に続き来月5月11日には香港でファンと会う予定だ。

ソウルファンミーティングも大盛況!




ページ上部へ戻る