Wanna One(ワナワン)出身歌手ユン・ジソン、初のソロデビューアルバム「Aside」&MVを公開!

Wanna One(ワナワン)出身の歌手ユン・ジソンのファーストソロデビューアルバム「Aside」が遂にベールを脱いだ。

20日午後6時、ユン・ジソンが各種音楽サイトを通じて初のソロアルバム「Aside」の全曲とミュージックビデオを公開し、本格的なソロ活動に乗り出した。

タイトル曲「In the Rain」は、愛する人との準備のない別れを迎えた1人の男の率直な感情が込められたポップR&Bジャンルの曲。
今回のアルバムにはタイトル曲「In the Rain」をはじめ、春の温もりを感じるポップR&Bジャンルの「CLOVER」など全6曲が収録された。

ソロアルバム「Aside」は、演劇での台詞である「傍白(舞台上に複数の人がいる時、特定の人物が他の人物に知られては困る事実や考えなどを観客にだけ知らせるセリフ)」をモチーフに「常にあなたの側にいる」という意味である「Always on your side」の略だ。
グループWanna One(ワナワン)のメンバーの一員として活動し、常にそばで自身を信じ応援してくれたファンに向けた感謝の気持ちが込められている。

ユン・ジソンは、Wanna One(ワナワン)のメンバーの中で、最初にソロデビューを果たすことになった。
本格的なソロ活動のスタートを切り、今後ソロミュージシャンとしてどのような新しい姿を見せてくれることになるのか、期待が集まっている。

ユン・ジソンは、20日、ソウル・ブルースクエアにて初のソロアルバム「Aside」発売のショーケースを開催した。
今年、ユン・ジソンは軍入隊を控えており、「第2幕が始まる。残念だが、それだけより多くの姿をお見せする予定で、1年半後(入隊が)良い姿をお見せしたい。入隊まで一生懸命活動したい」と今後の活動への意気込みをファンに語った。




ページ上部へ戻る