BTS所属のBig Hitパン・シヒョク代表、ビルボード「ニューパワー・ジェネレーション」に選出!

BTS(防弾少年団)の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表がニューパワー・ジェネレーションに選ばれた。

7日(現地時間)、米国の音楽専門メディア「ビルボード」は、世界の音楽市場をリードする次世代主役として「Meet Music’s New Power Generation: 25 Top Innovators」を発表し、パン・シヒョク代表の記事を掲載した。

ビルボードは、「作曲家でありプロデューサーのパン・シヒョク代表が結成したBTS(防弾少年団)が2018年、西欧大衆音楽で急浮上した」とし、「『FAKE LOVE』で初のビルボード『ホット100』10位にランクインし、『ソーシャル50』で111回もの1位を記録し、TIME誌の表紙を飾った」と伝えた。

またビルボードは、BTS(防弾少年団)について「韓国のアーティスト初の『ビルボード200』で2つのアルバムが1位に輝き、米国で行われた初のスタジアムショーを1時間で完売させた」と伝えた。

パン・シヒョク代表は、ビルボードを介して、「世界的なポップグループにするための特別な戦略は立てなかった」とし、「BTS(防弾少年団)と意見を交わし、水平的に作業をしている。メンバーに、彼らの音楽が内面の話で出なければならないことを約束した」とのコメントを伝えている。

パン・シヒョク代表は、昨年5月にビルボードが発表した「International Power Players」に選定され、全​​世界の音楽市場を動かすリーダーとして紹介された。




ページ上部へ戻る