Wanna One、12月31日の契約終了を公式に発表!活動終了は2019年1月

Wanna One

写真:Wanna One(ワナワン)公式SNS

Wanna One(ワナワン)の最終的な活動終了時期が公式に発表された。

Wanna One(ワナワン)の所属事務所であるSwingエンターテインメントは、「Wanna One(ワナワン)は、予定通り12月31日で契約を終了する」と本日発表した。
契約は12月31日で終了となるが、既に契約済みのスケジュールがあることから、Wanna One(ワナワン)の公式活動は1月まで続く。

Wanna One(ワナワン)は、今月は各種年末授賞式に出席し、最後の公式スケジュールとなる1月のコンサートでファンと共に貴重な時間を過ごす予定だ。

Swingエンターテインメントは、「約1年半という間、素敵な姿を見せてくれた11人の青春、Wanna One(ワナワン)に感謝の気持ちを伝え、今後の新しい出発と活動を応援する予定だ。これまでWanna One(ワナワン)を愛してくださった韓国内外の多くのファンの皆さんにも感謝を申し上げ、Wanna One(ワナワン)のメンバーの残りの活動、そして将来を応援し、祝福してください」と伝えた。

Wanna One(ワナワン)は、昨年8月、Mnet「PRODUCE 101シーズン2」で選ばれたカン・ダニエル、パク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン、ペ・ジンヨン、ハ・ソンウンら11人のメンバーで構成されたプロジェクトグループ。




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る