防弾少年団、台湾コンサート直後に交通事故に…「幸い事故は軽微、今後スケジュールに問題はない」

防弾少年団(BTS)海外ツアースケジュールをこなしている防弾少年団が台湾で交通事故に遭った。

9日(現地時間)、台湾メディアは、「防弾少年団が9日の公演直後、交通事故に遭った。追いかけてきたファンの車によって事故が起きたとみられる」と報じた。

この報道によると、防弾少年団は、公演が終わった後、宿舎に移動していた途中で事故に遭った。幸い事故の程度は軽微で、事故直後に車に乗っていたメンバーたちは、他の車で無事ホテルに移動できたという。

これについて、防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントの関係者は10日、「防弾少年団のメンバーたちが乗った車と軽い接触事故があった。事故直後、必要な措置はすべて行った。メンバーたちは無事ホテルに戻った。今後、スケジュールをこなすことに問題はない」と明らかにした。

防弾少年団は、8~9日に台湾桃園国際野球場(Taoyuan International Baseball Stadiumで単独コンサートを開催した。
この公演は、8月にソウルで始まった防弾少年団のグローバルツアー「LOVE YOURSELF」の一環であり、北米、ヨーロッパ、日本、台湾まで続いた今回の公演は来年、日本、シンガポール、タイまで継続する。

また、防弾少年団は、14日に香港AWEで開かれるエムネット「2018 MAMA」に出演する予定だ。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません