ラジオ「Cultwo Show」タイガーJK、防弾少年団に感謝!「RMのおかげで米国1位、世界3位に…」

写真:SBSラジオパワーFM「2時脱出Cultwo Show」

歌手タイガーJK(ジェーケー)が防弾少年団のメンバー、RM(アールエム)に感謝の気持ちを表わした。

20日に韓国で放送されたSBSラジオパワーFM「2時脱出Cultwo Show」に、タイガーJK(ジェーケー)、Bizzy(ビジー)、Ailee(エイリー)がゲスト出演しトークを繰り広げた。

番組でタイガーJK(ジェーケー)は14日にDrunken Tiger(ドランクタイガー)20周年を迎え、またDrunken Tiger(ドランクタイガー)としては最後のアルバムとなる10thアルバム「X」でカムバックした。

タイガーJK(ジェーケー)は、「1年半、渾身の力を尽くし、30曲を詰め込んで本当に一生懸命頑張った」と、Drunken Tiger(ドランクタイガー)最後のアルバムへの熱い思いを明らかにした。
また「自分自身が変わった。子供もできて、結婚もした。Drunken Tiger(ドランクタイガー)として活動した時の私に対する期待を満たしていないと感じる。だから素敵な思い出として締めくくりたい。その時に戻るとすれば、それは飾りつけた見せかけにすぎない」とアルバムが最後になることについて持論を語った。

10thアルバム「X」は、フィナーレとなるアルバムとあって豪華なフィーチャリングが話題となっている。
防弾少年団のRM(アールエム)をはじめ、Seventeen(セブンティーン)のVERNON(バーノン)、Dok2(ドッキ)、TakeOne(テイクワン)、キム・ジョングク、Defconn(デフコン)、ハハなど、バラエティに富んだ豪華シンガーが参加している。

タイガーJK(ジェーケー)は、「防弾少年団のRM(アールエム)のおかげで、米国では1位、世界で3位になった」と防弾少年団の海外での影響力の凄さと、感謝の思いを伝えた。




ページ上部へ戻る