”両親の詐欺騒動”RAIN側、公式な立場を発表!「円満な解決のために最善の努力を尽くす」

歌手RAIN(ピ)の両親の債権騒動に関連して、円満な解決のために最善の努力を尽くすと明らかにした。

27日、RAIN(ピ)側は、「現在、当社は、その内容について、正確な事実かどうかについて把握中です」という立場を明らかにした。

また「相手側が主張する内容は、故人となられた母親と関連した内容で、早めに当事者と会って債務の事実に関係する有無を確認した後、円満な解決のために最善の努力を尽くします」と付け加えた。

これより前の26日、オンラインコミュニティサイトには、「歌手RAIN(ピ)の親を非難する」というタイトルの文が掲載された。これは、「私の両親も被害者」とし、「両親は、1988年にソウル龍門(ヨンムン)市場で米屋をしており、RAIN(ピ)の両親は、餅屋をしていた。RAIN(ピ)の両親は、米約1700万ウォンと現金800万ウォンを88年から借りたが、返済をしなかった」と主張した。これによると、RAIN(ピ)の両親にお金を返済するように要求したが、RAIN(ピ)の両親は、劣悪な状況を訴えて断った。また元金だけでも返してほしいと要求したが、RAIN(ピ)の家族は、隠れてしまったと主張した。

また「30年が過ぎ、還暦を過ぎた両親は、これまでRAIN(ピ)に手紙も書いて連絡を取ろうと努力しましたが、そのようにならなかった」とし、「自分たちは、大きなことを言ってTVで笑顔を見せているが、被害者たちは、悔しさで涙を流しながら、一生、苦しい生活を送っているこれ以上、涙を流さないように助けて欲しい」と訴えた。これと共に被害者は、自分の主張を裏付ける約束手形のコピーを公開した。

これに加えて被害者は、大統領府の国民請願掲示板にも同様の文章を掲載し、国民の同意を求めた。




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る