「人生酒場」オム・ジョンファ、甲状腺がんだったことを告白!声帯が麻痺して…

写真:tvN「人生酒場」

tvN「人生酒場」に出演したオム・ジョンファが甲状腺がんになっていたことを明らかにした。

4日に韓国で放送されたtvNの「人生酒場」に、歌手オム・ジョンファと作詞家キム・イナがゲスト出演し、トークを繰り広げた。

番組でオム・ジョンファは、「私はいつも太る方だ。食べれば太り、食べるのが好き。だけど苦労してダイエットをした。そうしたら体が辛くなったからか、それまでのことが蓄積されてそうなったのか、甲状腺がんになった。だから手術をすることになった」と語った。

オム・ジョンファは、「首の手術なので恐怖を感じた。手術をしたので声が出なかった。1ヶ月が経っても声が出ないので検査をしたところ、声帯が麻痺していたそうだ。麻痺したら、生涯治らない。(ずっと)歌も歌えず話すことができなかったらどうしようと心配した。狂ってしまうかと思った。泣くのだけど、泣き声が出ないからもっと悲しかった」と当時を回想した。

続いて、「様々な治療法を探して、注射を使った治療法を見つけた。その時から話し始めた。1年に2,3回、注射を打たなければならないが、注射をするたびに心がとても辛かった。実際にとても大変だった。声が変わったからか性格も変わって自信もなくなった。息することさえも大事だということを実感した。リハビリの先生に出会い、今は注射も打たなくても歌えるようになった」と明らかにした。

tvN「人生酒場」は、お酒の席でしそうな率直でざっくばらんなトークがウリの番組。芸能人ら出演者の素顔が垣間見れる番組とあって韓国で人気を集めている。

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません