イ・ヨンエ、韓・浦項とイラン地震の被災者に1億600万ウォンを寄付!

女優イ・ヨンエが、最近、韓国・浦項(ポハン)とイランで発生した地震の被災者を助けるための寄付金1億600万ウォンを韓国障害者財団に寄託した。

今回寄託された寄付は、15日に浦項(ポハン)と12日にイランで発生した地震で深刻な被害を受けた地域の被害回復、身体障害者の家族と負傷で障害を負った子供のために使用される予定だ。

財団を通じてイ・ヨンエは、「地震で負傷し、生活の基盤を失った浦項(ポハン)市民と『宮廷女官チャングムの誓い』を大切に愛してくれたイラン国民が苦しんでいるというニュースに接し、心がとても痛かった、被害規模が大きくなっていく状況が残念でならず、少しでも助けになりたかった」と寄付金を伝達したとのことだ。

2人の子供の母親でもあるイ・ヨンエは、地震の被害に辛い思いをする子供たちの姿を見て、とても心を痛めたと韓国障害者財団の関係者が明らかにした。

イ・ヨンエが主演したドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」は、イランで80%以上の高い視聴率を記録しており、今もなおイ・ヨンエはイラン国民から人気を集めている。




ページ上部へ戻る