買春容疑での捜査が続くオム・テウンの妻ユン・ヘジン、第2子を流産

オム・テウン&ユン・ヘジン

写真:ユン・ヘジンのInstagram

俳優オム・テウンの妻でバレリーナのユン・ヘジンが第2子を流産した。

27日、オム・テウンの所属事務所キーイーストの関係者は「ユン・ヒェジンさんが流産したことは正しい。妊娠初期から体調が良くなかった」とマスコミに対してコメントした。

オム・テウンは、2012年11月にKBS2の人気バラエティ番組「1泊2日」を通じユン・ヘジンとの結婚を発表した。当時ユン・ジヘジンは、妊娠5週目で2人は、2013年に結婚式を挙げ娘ジオンちゃんが誕生した。その後、ジオンちゃんはKBSの人気番組「スーパーマンが帰って来た」にオム・テウンとともに出演し人気を集めた。

夫妻にとって3年目となる第2子の妊娠だったが、オム・テウンが性的暴行容疑で訴えられるなどユン・ヘジンは、大きな衝撃を受け、そのストレスで流産につながったと報じられている。

現在ユン・ヘジンは旅行をしながら、心を落ち着かせているとのことだ。

オム・テウンは、性的暴行の疑いで調査を受け、性的暴行容疑の疑いは晴れたものの、買春の疑いで現在、捜査が続いている。オム・テウンは、「マッサージ店に行ったのは確かだが、買春はしていない」と容疑を否認している。

ページ上部へ戻る