ユチョンを性的暴行容疑で3人目の女性が告訴との報道、所属事務所は確認中

2人目の告訴で再び衝撃が走る中、ユチョンを性的暴行容疑で3人目の女性が告訴したとの報道が流れさらなる衝撃を与えている。

17日、ソウル江南(カンナム)警察署はJYJのユチョンから性的暴行を受けたとして女性の告訴状を受理したことを明らかにした。この女性は今回の関連告訴で3人目の女性となる。(※1人目は告訴を取り下げている)

報道に対し、所属事務所であるC-JeSエンターテインメントは「現在確認中」との立場を示した。

ユチョンは、今月10日にトイレで性的暴行を受けたとして女性に告訴されたが、後に「強制的ではなかった」と、この女性は告訴を取り下げた。
しかし、16日に別の女性が、昨年12月にユチョンから似たような方法で性的暴行を受けたと告訴状を提出した。この女性は最初の告訴を報道で知り、「同様の事件があったことを知って勇気を出した」と告訴の理由を明らかにした。

今回報じられた3人目の女性は2014年6月に被害にあったとし、ソウル・江南にある風俗店(※高級カラオケ店)で一緒にお酒を飲んだ後、数人でユチョンの自宅に移動、翌日の12日午前4時頃にユチョンが女性を自宅トイレに連れて行って性的暴行を受けたと主張している。

関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA