ユン・ウネのデザインはパクリなのか?衣裳盗作疑惑に所属事務所が公式の立場を示す!

ユン・ウネの写真
女優ユン・ウネがユンチュンホデザイナーの衣装を盗作したという疑惑が浮上していることについて、ユン・ウネの所属事務所が公式の立場を明らかにした。

6日、ユン・ウネの所属事務所は「ユン・チュンホデザイナーの衣装を盗作したことはなく、盗作する理由もない」と疑惑を正式に否定した。所属事務所は、「2008S/S(春・夏)ヴィクター&ロルフ(VIKTOR & ROLF)の10年前のトレンドと2014年S/Sランバン(LANVIN)コレクションなどを見ていた中、ライオンを表現するアイデアが浮かんだ」とした上で、「衣装の腕部分の羽の装飾を見て、コートの袖の部分にフリルをつけた」と説明、「袖のフリルの位置と形状は、ファッショナブルなトレンドを取り入れたもの」とした上で「ユン・チュンホデザイナーの衣装と腕の位置が似ており、白色が同じで、そっくりに見えたようだ」と説明した。

これに先立つ今月4日、デザイナーのユン・チュンホは、自身のFacebookにユン・ウネが、先月29日、中国のデザインサバイバル番組「女神のファッション」第4回で、「ナルニア国物語」をテーマに、白いコートに羽根模様のレースをつけ1位となった衣装について盗作疑惑を提起した。ユン・チュンホは、「中国のバイヤーからメッセージが来た。中国のファッション番組に我が社の服ARCHE(社名)が登場したと言う。協賛でもしたのかなと思って聞き流したが、他の女性が作った服だと言う」と自分が作った衣装と、その番組に出てきた衣装を比較する写真を掲載した。

ユン・チュンホデザイナーは、「不愉快だ。私が(盗作を)感じて、従業員が感じた。服を作ったスタッフが感じて、私達の服を知っている人が感じていれば(盗作疑惑は)合っているのではないか」とし、「現在、中国でARCHE(社名)が販売がされている時点で、このような状況は気分が良くない」と批判した。

中国のデザインサバイバル番組「女神のファッション」は、女神とデザイナーがチームを組んで5チームが毎週テーマとミッションに合う衣装をコレクションに約20着を作って、バイヤーに評価されるリアリティー番組だ。

この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る