少女時代ソヒョン、大ヒットした映画「建築学概論」でスジの演じた役のオファー受けていたことを告白!

「ラジオスター」少女時代ソヒョンの写真少女時代の末っ子メンバー、ソヒョンが過去に映画「建築学概論」のキャスティングオファーを受けていたことを告白し大きな注目を集めた。

韓国で19日に放送されるMBCのトークバラエティ番組「黄金漁場-ラジオスター」には、パク・チユン、チュ・ヨンフン、少女時代のソヒョン、シム・ヒョンタクが出演し、トークを繰り広げる。

キム・グクジンがソヒョンに対して、「映画『建築学概論』でスジが演じた役にキャスティングされるところだった聞いたけど・・・」と話を振ると、ソヒョンは、映画「建築学概論」のオファーを受けていたことを告白した。ソヒョンは、「私はやってみたかったんです。会社が憎たらしいだけです」と不発に終わったことに残念な思いを感じていることを伝えた。ご存知の通り、同作品に出演したスジは、「建築学概論」での純粋で透明感のある役のイメージも相まって「国民の初恋」として大人気を博した。

また、番組でソヒョンは、声優のようなモノマネを披露してスタジオを湧かせた。ソヒョンは、「ミニオンズのモノマネが出来るの?」という質問に、「バナナソングと手先たちが歌う歌がある」と、完璧なモノマネを見せて笑いを誘った。

ソヒョンが映画「建築学概論」のキャスティングオファーを断らなければならかった事情とは何だったのか、ソヒョンのエピソードは、19日午後11時15分から「ラジオスター」で放送される予定だ。

ページ上部へ戻る