NICOLE(ニコル)待望の日本デビューリリースイベント開催!会場はピンク色に!

6月24日(水)に発売したニコルの日本デビューシングル「Something Special」を記念して、6月27日(土)東京・お台場のDiver City Tokyoフェスティバル広場にてリリースイベントを開催。ニコルのテーマカラーの「PINK」にちなんで、ピンク色を身につけたファンが大勢駆けつけ、ピンク色に染まった会場で、トーク&ハイタッチ会を行った。

MCには、KARAの楽曲「ウィスパー」などの作詞を手掛けた「なな」が担当し、ニコルを呼び込むと、眩しいピンクの衣装で登場したニコルに会場は大歓声が沸いた。

ニコル2

ニコル

ニコル3

ニコル:こんにちは!ニコルです。ありがとうございます。

―ソロ活動がスタートして、ソロとして3回目の来日となりますが、4月にさいたまスーパーアリーナで行われたKCONで初めてソロで日本のステージに立たれていかがでしたか?
ニコル:1年半ぶりに立ちましたけど、本当にドキドキしてダンスとか間違えてけど、ファンにみなさんの反応が本当にすごくて、本当に嬉しかったです。

―その後はどのような感じで、デビューシングルの準備をしていましたか?
ニコル:「Something Special」をどんなスタイルにしたらいいのか沢山調べて、この衣装も私のアイディアだったんですけど、スタッフのみなさんと相談しました。

―振り付けもニコルさんが提案したんですか?
ニコル:今回はあんまり…提案はしなかったんですよね(笑)

―ほかには、どんな提案をしましたか?
ニコル:メイクのスタイルとか、髪の色とか。今回のウィッグは、あまり濃い色じゃなくて、キレイな感じにしました。

―今回のCDには3曲収録されていますが、リード曲「Something Special」はR&Bテイストのダンスナンバーですが、聞きどころを教えてください。
ニコル:「Something Special」は、初恋のドキドキさを込めている曲なんですけど、恋してる人とか、好きな人がいる方には、本当に共感が出来る曲だと思います。

―カップリングの「FANTASY」は、「Something Special」とは違う雰囲気のダンスナンバーですよね?
ニコル:「FANTASY」は、もっとパワフルな感じなんですが、恋人と別れてひとりでまた、夢かリアルか、恋人をずっと考えている気持ちを歌ってる曲です。(途切れ気味のマイクが気になるニコル)

―どんなことを考えて歌いましたか?
ニコル:「痛み」です。

―「LOVE」というバラード曲で昨年の11月に韓国でカムバックしたときにリリースした「MAMA」のアルバムに収録された曲の日本語版ですが、日本語で歌ってみていかがですか?
ニコル:もともと「LOVE」と言う曲は、日本のアルバムのために作った曲なんですが、韓国で先にリリースされました。でも日本バージョンは、同じ内容なんですが、私には少し歌いやすかったです。

―日本語のほうが感情をのせやすかったりしたんですか?
ニコル:はい。なぜか少し歌いやすかったです。

―初回限定版Aには「Something Special」のMVとメイキング映像が収録されておりますが、ニコルさんが思う見どころは?

ニコル:MVの見どころは、私のデビューのMVで、本当に見せたかったことは、いつも可愛いっぽいMVのイメージが強くて、もっと女らしく女性的なイメージを見せたかったんです。切ない感じとかセクシーな感じとか女性らしいイメージを見せて、ダンスもパワフルな感じで、そんなテーマを持って撮ったMVです。ダンスとか表情とか、雰囲気を見てください。

―特徴のあるダンスがありますが、練習はどのくらいされましたか?
ニコル:全部覚えたのは一週間くらいだと思います。

―最近日本ではカバーダンスが流行ってますが、ニコルさんを真似したいと思う方も沢山いらっしゃると思いますが、何か振り付けを教えてください。
ニコル:私の曲で、一番難しかった部分は、手を回す部分だったんですけど、回すのが考えてるより早いです。全体的に腕の力が入るとあんまり早く動かないんです。手首だけに力が入るともっと早く回ります。大きく1回、ちっちゃく2回、大きく~ちっちゃく~…。力は全部手首だけに入ればいいんです。

―限定版Bに入っている「ハマル・ニコル」の映像が収録されていますが、まだご覧になってない方もいますので、簡単にどんな映像なのか教えてください。

ニコル:「ハマル・ニコル」は、大人の女性になるために挑戦する話なんですけど、今回は初めて見た運動に挑戦するビデオです。初めて見たんですけど、本当に思ったより難しかったんです。(―困ってるニコルさんがとても可愛かったです)本当に困りました。見てるときは簡単な運動みたいに見えましたけど、全然そうじゃないんです。お腹の力とか、バランスとか全部使いながら、本当に難しかったんです。

ニコル4

ニコル5

ニコル6

ニコル7

―ここからはプライベートについてうかがいたいと思います。(スタイル抜群のニコルの横に並ぶMCが)この状況を公開処刑と言います(笑)女性ならニコルさんのようなボディになりたいと思うのが普通ですが、普段はどんな運動や体系維持をされていますか?
ニコル:私はヨガ。ビンヤサヨガと、フライングヨガとピラティスをやります。それ以外には、ジムには行けないんです、筋肉が早くつきやすいんです。それで1時間だけ運動して、私の犬たちと散歩します。3匹飼ってるので、ワンちゃんと毎日1時間くらい散歩します。コーヒー飲みに行って…。27㎏1匹と2匹は21㎏です。みんな大きくて走らなきゃいけないんですが、私についてきます。

―ニコルさんは、日本食が大好きと聞いたのですが、必ず日本に来て食べるものは?
ニコル:カレーですね。スープカレーとかいつも食べます。あとは、カフェオレとか、(お菓子の)「ピュレグミ」とか。「じゃがりこ」は昨日食べました。海外に行くとあまり運動は気にしないんです。ストレスになりますから。韓国に戻ると運動します。

―他に行ってみたいところは?ここのガンダムなんかもいいと思いますが。
ニコル:私のSNSに、皆さんが撮ってアップしてくれました。他には温泉と、大阪でUSJにハリーポッターのテーマパークが出来たと聞いて見に行きたいんです。(―見に行ける時間はあるんですか?)?(笑)

ニコル9

ニコル8

ニコル10

―最後に、これから日本でのソロ活動をどう頑張っていくのか意気込みをお願いします。
ニコル:今、デビューしたので、ファンの皆さんと本当に久しぶりに近く会えるチャンが出来て嬉しかったです。今日もみんなと会えて、明日も大阪でも会えるし、今が始まりだから、これからもずっとずっと頑張ります。今からずっと私のことを応援してください。頑張りますから。ありがとうございます。「Something Special」沢山聞いてください。

ニコル11

会場の大声援を受けると、ファンも交えてフォトセッション。いろんな方向に手を振るニコルを思い思いに撮影するファン。さらにファンをバックに記念写真を撮り、終了後はCD購入者限定のハイタッチ会へ。ひとりひとり丁寧にハイタッチするニコル。久しぶりに沢山のファンと交流を深めたイベントとなった。

取材日:2015年6月27日(土)




ページ上部へ戻る