女優コ・アソン、デミ・ムーアら所属のハリウッドを代表するエージェント社と契約!

コ・アソン
女優コ・アソンがハリウッドに進出する。

27日、コ・アソンの所属事務所4DOORsエンターテイメントは報道資料を通じて「ハリウッドを代表するエージェント社の一つであるUntitled Entertainmentとコ・アソンが正式エージェント契約を結んだ」と発表した。

Untitled Entertainmentは、アシュトン・カッチャーをはじめ、ユマ・サーマン、ケイト・ハドソン、エリザベス・バンクス、デヴィッド・カルーソ、デミ・ムーアなど数々のハリウッドスターが所属しているエージェントの一つだ。

今回の契約締結は、映画「スノーピアサー」(監督ポン・ジュノ)の北米公開を迎え、米国の有力日刊紙ニューヨーク・ポストがコ・アソンにスポットを当てたのがきっかけとなったという。コ・アソンは、6月、ニューヨークポストの企画記事「The girls of summer」で「韓国映画のファンであれば、『グエムル-漢江の怪物-』のコ・アソンとして覚える。『スノーピアサー』で彼女は再び強烈な印象を与えた」と絶賛された。

コ・アソンの所属事務所代表は、「コ・アソンにとって今回の契約は、非常に大きな意味があるだけに、世界的にも認められる女優になることができるよう、最善のマネジメントを行う予定だ。コ・アソンの歩みに応援をお願いします」とコメントした。

現在、コ・アソンは、ミステリースリラー映画「オフィス」の撮影を行っている。

写真:4DOORsエンターテイメント


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません