BIGBANG T.O.P主演「タチャ2」、R指定映画ながらも観客動員数400万人突破の快挙!!

映画「タチャ2」の写真映画「タチャ イカサマ師-神の手」(以下「タチャ2」)が観客動員数400万人を突破した。

17日、映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークの集計結果によると、「タチャ2」は、16日、全国73の劇場で9,607人を動員し累積観客数400万8,188人となり、観客動員数が400万人突破した。「タチャ2」は、公開7日目の9月9日には、200万観客を突破しており、公開12日目で300万観客を越えた。

グラビアがかっこよすぎる!BIGBANG掲載韓国雜誌11月号を見てみる!

これにより「タチャ2」は、先月3日の公開後、安定した底力で400万人の観客突破に成功することになった。青少年観覧不可という「R指定」映画というハンディがありながら400万人突破という快挙を成し遂げたことがより大きな意味を持っている。

「タチャ2」は、叔父ゴニに似て特別な勝負欲と器用さを持つデギル(BIGBANGのT.O.P)が、裏切りと陰謀が飛び交う、いかさま師の世界に恐れず飛び込むことで巻き起こるストーリーで、映画「サニー 永遠の仲間たち」などを演出したカン・ヒョンチョル監督がメガホンを取った。

同日のボックスオフィス1位は555のスクリーンで6万3,267人の観客を集めた「私の愛、私の花嫁」で、累積観客数は104万5,745人。続いて「ドラキュラ ZERO」が385のスクリーンで3万8,823人を動員し、2位になった。累積観客数は71万9,279人を記録している。


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません