「本物の男」海外初派遣!フィリピン・アウラ部隊、5泊6日訓練に向けて出発!

「本物の男」の写真
MBCの人気バラエティ番組「僕らの日曜の夜-本物の男」(以下、本物の男)が初めてフィリピンに向けて出発した。

7日、MBCの関係者によると、「本当の男」の出演者である、キム・スロ、ソ・ギョンソク、サム・ヘミントン、パク・ヒョンシク、パク・コニョン、チョン・ジョンミョン、K.will(ケイウィル)、ヘンリーなどが、5日にアウラ部隊が活動しているフィリピンに向けて出発したという。

「本物の男」製作陣は昨年から、国防部などと緊密な話し合いの場を持ち海外派兵の撮影を検討、最終的にフィリピンでの撮影を決定したとのことだ。

「本当の男」の海外派兵部隊においては、当初レバノンの部隊なども候補に上がったが、人道的対民間支援活動を行っていて現地の状況が比較的安全であるという点などを考慮した結果、フィリピン・アラウ部隊に決まった。撮影は、旅客船セウォル号沈没の惨事の影響により、当初予定されていた撮影スケジュールは延期となっていた。

アラウ部隊は、超大型台風ハイイェンによる莫大な被害を受けたフィリピンの災害復旧のために、2013年12月派遣された。現在までに工兵部隊と医療組織など500人余りが滞在し、災害復旧や人道支援活動を行っている。部隊の名前「アラウ(Araw)」は、現地語で太陽、希望、私を意味する言葉、とのことだ。

「本物の男」の撮影クルーは、5泊6日で現地部隊員らと一緒に汗を流し、10日に帰国する予定だ。




ページ上部へ戻る