「基皇后」のタルタル役チン・イハン、MBC新ドラマ「改過遷善」でエリート弁護士に!

チン・イハン
大人気となったMBCドラマ「基皇后」が29日放送終了を迎え、ドラマの中で冷静で鋭い策略家「タルタル」役を熱演した俳優チン・イハンがMBCドラマ「改過遷善」でエリート弁護士チョン・ジウォン役を演じる。

29日午後2時、ソウル江南(カンナム)区三成洞(ヨクサム)The Lavilleにて、30日から放送スタートのMBCの新水・木ドラマ「改過遷善」の制作発表会が行われた。この制作発表会には29日に最終回を迎えたばかりの大ヒットドラマ「基皇后」に出演していた俳優チン・イハンが出席し注目を集めた。

チン・イハンはMBCの新水・木ドラマ「改過遷善」への出演を決めており、ドラマ「基皇后」を終え、間髪入れず、再びお茶の間にその姿を見せることとなった。

チン・イハンが演じるチョン・ジウォンは、チャ・ヨンウ法律事務所の次期エースとしてエリートコースを踏んできた人物で、同じ法律事務所のキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)とライバル対決を繰り広げるとともに、パク・ミニョン演じるイ・ジユンに片思いする役だ。

チン・イハンは、 「少し軽いタルタルではないかと思う」とし、「個人的にはタルタル役をきちんと終わらせて『改過遷善』も良いスタートを切ることができ、とても気持ちが良い」と大人気を集めたドラマに続き再びドラマに出演する現在の心境を語った。

「改過遷善」は、キム・ミョンミン、キム・サンジュンといった演技派俳優のキャスティングで注目を集める作品で、巨大法律事務所のエース弁護士であるキム・ソクジュ(キム・ミョンミン)が突然の事故で記憶を失った後、これまで人生を振り返りつつ新たな人生を生きるというストーリー。韓国では珍しい法廷ドラマということで期待を集めている。


この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る