「応急男女」、視聴率5%の公約を守り17日ボランティア活動を!

ドラマ「応急男女」の写真
最近韓国で最終回を迎えたケーブルチャンネルtvNドラマ「応急男女」の出演陣が「視聴率公約」を守るための団体でボランティア活動をする。

これは、複数の関係者がマスコミに対して明らかにしたもので、「ドラマ『応急男女』の出演陣は、当初約束していた守るため、17日ソウル・ボラメ病院でボランティア活動をする」とのことだ。

報道によると、チェ・ジニョク、ソン・ジヒョなどの「応急男女」の出演陣は、1月に「視聴率5%以上を記録したらボランティア活動をする」との視聴率公約をしていた。ほとんどの出演者が、ドラマ終了後、忙しいスケジュールをこなしている中で、当初の公約どおりの「ボランティア」を実践する予定とのことだ。

但し、「ドラマの撮影を終えたばかりで、出演者のスケジュールをまず把握しなければならない。まだボランティア活動をどのように進めていくるのか、どの出演者が参加するか具体的な内容はまだ決定していない」という。

ドラマ「応急男女」は、 6年前に離婚した夫婦オ・チャンミン(チェ・ジニョク)とオ・ジニ(ソン・ジヒョ)が病院の緊急治療室で遅咲きのインターン生活をして、再び愛するようになる過程を描いた作品で、今月6日の平均視聴率5.0 % (ニールセンコリア集計、有料のプラットフォームで標準)で終了した。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る