MBLAQイジュン、事務所も通さず本名で1000万ウォン寄付していた!

MBLAQ(エムブラック)のメンバー、イジュンがセウォル号沈没事故の犠牲者たちのために1000万ウォンを寄付した。

24日、社会福祉共同募金会によると 「イジュンが本名であるイ・チャンソンの名前で1000万ウォンを寄付」したとのことで、寄付当時は「本名だった為分からなかったが、確認の電話で(イジュンであることを)知った」という。寄付に際し「イジュンは『寄付は初めてで、少額だから申し訳ない』という言葉を残した」とのこと。

イジュンの寄付がニュースで伝えられると、イジュンの所属事務所の関係者は、「イジュンが所属事務所に言わずに寄付をした。記事を通じて初めて知った」とコメントした。

イジュンは、今年2月、映画「俳優は俳優だ」の試写会でファンから贈られた米花輪1,024トンを寄付するとともに、MBLAQ(エムブラック)としても昨年10月に一人暮らしの高齢者のためにお米5トンを寄付している。




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る