ドンジュン(ZE:A)、テミン(SHINee)、スヒョン/キソプ/フン(U-KISS)、ユジュン(TRITOPS)韓国ミュージカル『宮』記者会見レポート!

宮会見
2014年5月10(土)~24日(土)(全25回公演予定)東京・赤坂ACTシアターにて、韓国ミュージカル『宮(クン)』が開催。3月25日(火)ベルサール渋谷ファーストにて今回の出演キャストであるZE:Aのドンジュン、SHINeeのテミン、U-KISSのスヒョン、キソプ、フン、TRITOPSのユジュンが登壇し記者会見が行われ意気込みを語った。(U-KISSのメンバーは全て日本語で答えてくれました)

宮会見2
「よろしくお願いします!」と登壇。
左から ユジュン、ドンジュン、テミン、スヒョン、キソプ、フン

―ひとことずつご挨拶をお願いします。
テミン:今回ミュージカル『宮』でシン役をやらせていただくテミンと申します。よろしくお願いいたします。
ドンジュン:シン役をやらせていただくドンジュンと申します。精いっぱいやらせていただきますのでよろしくお願いいたします。
スヒョン:(日本語で)U-KISSのリーダー、スヒョンです。今回『宮』でシン役をやりますので皆さん応援よろしくお願いいたします。
キソプ:(日本語で)U-KISSのキソプです。僕はイ・ユル役です。よろしくお願いいたします。
フン:(日本語で)僕はU-KISSのフンです。今回シン役をやらせていただきます。よろしくお願いいたします。
ユジュン:こんにちは、僕はTRITOPSのユジュンです。『宮』は今回で5回目です。今年も頑張りますのでよろしくお願いいたします。

―今回のミュージカル『宮』に初登場のテミンさん、ドンジュンさん、スヒョンさんにお聞きしますが、このミュージカルの出演の話しが来た時は、どんな感想を持たれたか?また、ミュージカル『宮』に対してどんな印象をお持ちですか?

テミン
テミン:初めてこのミュージカル『宮』のオファーをいただいた時、僕の所属事務所の先輩方も沢山出演されているいい作品と認識していましたので、とても楽しみだと思いました。今回僕にとって初めてのミュージカルということになりますが、かっこいい姿をお見せ出来るように一生懸命頑張っていきたいと思っていますので、皆さんにもぜひご覧いただきたいと思っています。ミュージカル『宮』への愛をよろしくお願いします。 (実際に内容に関してはどんな感想をお持ちでしょうか?)ミュージカル『宮』のストーリーは王族が話が中心となっていますので、最初はちょっとプレッシャーがあるかなと思ったのですが、よく内容を把握してみると、とてもやりやすくて親近感が感じられるようなストーリーだと思いました。

ドンジュン
ドンジュン:まずはミュージカルの依頼をしていただきまして、ありがたいと思います。このミュージカルはもともとドラマが原作で、僕もドラマ自体はもの凄く面白く見ましたので、このミュージカルに出演することも決めやすかったです。原作がとても面白かったというのもありましてミュージカルも楽しみにしています。 (ミュージカルの出演は?) 『アラジン』と『キャッチミー・イフ・ユー・キャン』というミュージカルをやってましたので、今回3回目になりますが、メロな部分の楽しみと面白みもあるこのミュージカルに参加出来ることに、とてもときめいています。

スヒョン
スヒョン:まず、キソプとフンが『宮』のミュージカルをみんなで行ったことがありますが、本当に楽しくて演技も上手だったんですが、僕が出演することが出来るのか本当に心配です。僕はいつも明るくて面白い性格なんですが、今回の『宮』のシン役は本当にかっこ良くて…ヘビーな感じの役だからそれが一番心配だったんです。 (普段の自分とちょっと違う?)はい、そうです。普段と全然違うからちょっと心配ですけど、頑張らなきゃいけないですね。頑張りますので皆さん応援よろしくお願いいたします!(笑) (明るいシンというのはないですかね?)明るいシン役はないです!(笑)

―前回も出演されたキソプさん、フンさん、ユジュンさんは、前とは違った見どころがあったら教えてください。また役に対して変えてみたいところはありますか?

キソプ
キソプ:僕は去年の『宮』でユル役をやりましたが、自信がなかったので、今回はもっと自信を持って頑張っていきますので、皆さんぜひよろしくお願いします。 (見てほしい見どころは?)見どころはフェンシングですね。フンさんとやりましたが、感情表現を入れてちゃんとやります。

フン
―フンさん、変えてみたいところはありますか?
フン:変えてみたいところは、全体的に僕達が勝手にすると監督さんが怒っちゃいます。(笑)それで僕個人的にはもっと演技力や実力を上げてファンの皆さんに、僕がこの内容や伝えたいことをちゃんと伝えたいと思います。もっと頑張ります。 (見どころは?)僕もフェンシングのシーンだと思います。今回2回目なんだけど、今回練習する時はフェンシングの先生が前回より上手くなるために、もっといろいろな技を教えてくれましたので、今回はもっとカッコいいフェンシングを見せれると思います。 (沢山特訓されてるんですか?) 特訓されてます(笑)汗で臭いが沢山…ごめんなさい、笑ってください(笑)
スヒョン:関係ないことは言わないでくださいよ~みんな忙しいんですよ(笑)

ユジュン
―ユジュンさんは全部に出てらっしゃるんですよね?
ユジュン:まだまだです。前回と違うのは、今回初めてテミンさんと一緒にキャスティングされましたが、今までやってきた中で一番可愛らしいキャスティングじゃないかと思います。それがちょっと楽しみです。個人的には今までユル役をやってきて、ユルとチェギョンが結ばれなかったのがちょっと残念だなと思うので、今回は結ばれて欲しいなと思うところはあります。(ストーリーが変わってしまいますね?)フン「出来ません!チェギョンはシンのものです。)(笑)僕の望みです。 (個人的にはハッピーエンドで終わりたいということですよね?)こんなことを言ったら怒られるかもしれませんね。すみません。 (見どころをお願いします。)まずは韓国の伝統衣装と舞台セットがとても綺麗です。韓国ならではの宮廷の再現で韓国の美しいところを見せたいと思います。

記者質問
―今回5回目のミュージカル『宮』で、いろんなシンやユルをやってきたと思いますが、今回自分なりにどのように演じたいですか?

テミン:今回のミュージカルの出演にあたりまして、シンという役がどのような人間なのかということを考えたのですが、シンは、ちょっと冷たくて冷静なところもあって、そして自由を求めて、ちょっと反抗心を持っているキャラクターだと思いましたので、そういう部分をきっちりと演技出来るように努力してきたいと思っています。

ドンジュン:シンは、宮廷の中に閉じ込められた状況で王様になる役ですが、その重圧感と期待感が楽しみですが、まだまだ子供のような反抗心、1人の女性を愛する気持ちで変わってくる部分をきっちりと演じたいと思います。

スヒョン:僕は個人的に優しいシンをやりたいですが、表情とか動きで優しい演技をしたいんですが、もともとシンの役は性格が冷たくて怒ってばかりの役だから、監督さんがダメと言ったらダメですね…(笑)

キソプ:ユルはいつも優しくて、心が本当に温かいですね。だから今回も表現するのが一番重要だと思います。チェギョンの為に深い感情を見せたいです。

フン:僕の性格はもともとうるさくて、ちょっと騒がしい性格を持っていますけど、シンは冷たくて冷静な性格を持っています。それで僕にはプレッシャーがあるんです。今回もっと冷たくなる予定なんですけど、出来ないと思うけど頑張ってみます。僕はもともと優しい男です。(笑)次に見に来る時、僕の姿を見て、“フンさん冷たいな~”と思ったらダメです。僕はもともと優しい男ですのでよろしくお願いいたします。

ユジュン:シンというキャラクターはとても冷たいキャラクターなので、そのライバルであるユルはそれに対して最大限に優しいところを見せたいと思います。性格的には優しさを見せながら、シンに対してはカリスマのある反対の演技をしたいと思います。

―今回キャスティングされているシン役とユル役の組み合わせですが、他に組んでみたい方は?

ユジュン:ここにいるキソプさんがダンスもとても上手いのですが、僕はダンスのところは弱いです。やってみたいと頑張ってダンスの練習をやっていますが思うように出来ないです…。

ドンジュン:(質問を再度確認して誰と組みたいか?という質問に)僕は、残念ですけど秘密です。今日は一緒にキャスティングされたメンバーが来れなくて、ここにいるメンバーだとユジュンさんとキソプさんがいますから、なかなか決めずらいですね。でも前回ユジュンさんがやった時を見に行ったことがありまして、もし出来ればユジュンさんとやってみたいと思います。次はキソプさんとやりたいです。

テミン:僕は今回のキャスティングでユジュンさんと一緒にやらせていただくことになっていますが、別の方ということで、本当に全ての出演者の方が素晴らしいのですが、その中で年齢が近いキソプさんならやりやすいんじゃないかなと思います。

キソプ:僕もテミンさんとやりたいです。なぜならテミンさんは練習を頑張っていますので、一緒にやって、もっとカッコ良く公演出来るように頑張りたいです。よろしくお願いします。

スヒョン:僕も頑張ってるんですよ(笑)僕はここにいないU-KISSのメンバーのケビンと一緒にやりますが、キソプのユルもカッコいいなと思います。ケビンと演技を一緒にやったことないからケビンと完璧なステージを見せたいです。

フン:僕は前回も今回もキソプと一緒にパートナーになってやりますけど、キソプはもう面白くないです(笑)2人で毎日同じ部屋で練習ばかりしているので、キソプが何をするか全部分かってるからです。なのでユジュンさんと一緒にやって、もっと優しいユルを見たいです。キソプはちょっと優しいユルじゃなくて怖いです。全て知ってます、最近筋トレ沢山やってるので戦う時、怖いです。なのでやりたくないです。 (ユジュンさんとでよろしいですか?)はい、よろしいです。(笑)

ユジュン:僕も大好きです(笑)

―最後に日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

テミン:日本のファンの皆さん、そして『宮』を愛してくださっている皆さんに僕の頑張っているカッコいい姿をお見せしたいと思っています。そして僕にとりまして初めてのミュージカルということでとても光栄に思っています。こちらにいらっしゃる他のキャストの皆さんと息をピッタリ合わせて頑張っていきたいと思いますので見守っていただければと思っています。皆さんどうぞずっとお元気で、そして皆さんの幸せを祈っています。

ドンジュン:(日本語で)このミュージカルを通して僕の新しい魅力を見せます。ファンの皆さんとミュージカルファンの皆さんと、期待してください。よろしくお願いします。ありがとうございます。

スヒョン:(日本語で)まず、忙しいところ取材に来てくれてありがとうございます。フンとキソプの『宮』を見ましたが、フンとキソプよりもっと完璧なステージを皆さんに見せるために頑張ります。応援よろしくお願いします、ありがとうございます。

キソプ:(日本語で)僕は2回目ですね。去年よりもっと頑張って完璧なステージになるようにがんばります。そして、ユジュンさんとドンジュンさんとテミンさんと僕達U-KISSのメンバーの応援をお願いします。頑張っていきますので僕達の応援よろしくお願いします!

フン:(日本語で)前回『宮』をやったんですけど、今回の方がもっと演技力も歌の実力も上がって皆さんに見せる予定だから、ぜひ楽しみにしながら僕達が公演をする日を待っててください。期待してください。(取材陣に)皆さんもぜひ沢山来てくれますか?(スヒョン「質問か?」(笑))来てください。

ユジュン:今日は皆さん、来てくれて本当にありがとうございました。『宮』は今年も最高です!頑張りますので皆さん、ぜひ見に来てください。

宮会見4

宮会見3
最後は、和気あいあいでフォトセッションが行なわれ会見終了。

今回が日本で5度目の公演となる出演キャストには、人気K-POPグループZE:Aのドンジュン、SHINeeのテミン、U-KISSのスヒョン、キソプ、フン、ケビン、TRITOPSのユジュンという豪華な顔ぶれで、装いも新たに、より一層パワーアップしたミュージカル『宮』が期待される。

◆『宮』ストーリー
韓国に今も皇室制度が存在したら・・・
皇太子イ・シンは皇帝の病の悪化により、皇太后から前皇帝が決めた許婚と結婚するように命を受ける。その相手は一般庶民のシン・チェギョン。借金の取立てに苦しむ一家を救うため、チェギョンは一念発起して、シンと結婚することに。一方、父親の死によって皇太子の座を奪われたシンの従弟イ・ユルが母親と共に英国から帰国。家族のためにシンと結婚したチェギョンだが、宮廷生活に苦しみながらも次第にシンに惹かれていく。しかし、ユルもチェギョンに惹かれていくという複雑な関係に・・・。やがて、皇位の座やチェギョンを巡ってシンとユルの対立は深まり、皇室を巻き込んでの大きな事件に発展していく。

【公演概要】
■公演タイトル韓国ミュージカル『宮(クン)』
■公演日時2014年5月10日(土)~24日(土) 全25回(予定)
■会場赤坂ACTシアター(港区赤坂5-3-2)
会場HP: http://www.tbs.co.jp/act/
■出演者ドンジュン(ZE:A) テミン(SHINee)
スヒョン/キソプ/フン/ケビン(U-KISS)
■料金全席指定13,500円(税込)
※未就学児童の入場不可。韓国語上演、日本語字幕あり。
■情報公開日3月19日(水)12:00
■一般発売4月12日(土)10:00 チケットぴあ他にて発売
■お問合せ東京音協TEL:03-5774-3030 10:00~17:30(土日祝を除く)
■主催㈱Creative Leaders Group8
■企画・製作㈱Creative Leaders Group8
■協力ぴあ株式会社/ 東京音協
■オフィシャルHP:http://www.musicalgoong.com/



この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る