秋山成勲、サランちゃんとの広告モデル抜擢でCM出演料全額寄付へ

秋山成勲&サランちゃんの写真
KBSの「ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」に出演中の秋山成勲と愛娘サランちゃん親子が広告モデル料を多文化家庭(※国際結婚の家庭を指す)に寄付する。

今月4日、秋山成勲と愛娘サランちゃんは、大熊製薬の湿潤シートのモデルに抜擢された。秋山成勲は、モデル抜擢と同時に、自身と愛娘サランちゃんの広告モデル料全額を韓国の多文化家庭の子供たちのために寄付するという立場を明らかにした。

秋山成勲は、「子供の傷の治療のために必ず必要な湿潤シートの広告モデルを最愛の娘と一緒にすることになりとても嬉しい」とした上で、「良い趣旨で始めただけに、モデル料のギャラ全額を韓国国内の多文化家庭の子供たちのために寄託し、今後様々な活動にも参加したい」と明らかにした。

秋山成勲は、これまでも韓国の多文化家庭の子供のためのサポートを行ってきていたが、今回、「ハッピーサンデー-スーパーマンが帰ってきた」で、韓国の視聴者から受けた熱い関心と愛に良いことで応えたいという思いから寄付をするに至ったとのことだ。

ジョ・ミングン大熊製薬PM課長は、「最近、番組放送で大人気の秋山成勲氏と愛娘サランちゃんの姿を見て、この商品にピッタリのモデルだと思われた。子供の傷を心配する親の心を秋山成勲氏、サランちゃん親子の姿を通して、広告で表現していくことになるだろう」とコメントしている。

秋山成勲と愛娘サランちゃんの広告は、 今月撮影・編集を行った上で4月から韓国で公開される予定だ。




ページ上部へ戻る