ドラマ「私たち愛することができるかな?」30代韓国人女性のリアルライフを描き、視聴者の心を掴む!

私たち愛することができるのかなの写真
ケーブル放送JTBCの新月・火ドラマ「私たち愛することができるかな?」が、韓国の30代男女の生活をリアルに表現し、好評を得ている。

8日、視聴率調査会社ニールセンコリア集計結果によると、前日の7日に放送された「私たち愛することができるかな?」の第2話の視聴率は2.0%(※全国有料放送世帯基準)を記録した。これは第1話の視聴率1.632%から、0.368 %の視聴率アップを意味する。

ドラマ「私たち愛することができるかな?」は、前作の「あなたの隣人の妻」の第1話が記録した視聴率2.2%よりも低い視聴率からスタートしたが、39歳の韓国人女性の生活をリアルに描き視聴者の共感を得て、初放送後から好評を得て、今後も視聴率アップが期待されている状態だ。

第2話では、ジョンワン(ユジン)がギョンス(オム・テウン)と一緒に映画の仕事をスタートしたが、母親チョン・スンオク(キム・ヘオク)が詐欺に遭い、家を差し押さえられ、ソンミ(キム・ユミ)の家にやっかいになるという出来事が描かれた。

ドラマ「私たち愛することができるかな?」は、夢多き10代、将来への期待感溢れる20代を過ぎ39歳になった女性3人のリアルライフを描いており、優れた演出と視聴者の心を引き付けるシナリオ、出演者の好演という3要素が加わりケーブル放送ドラマながらも着実な人気を集めつつある。


ページ上部へ戻る