Beggarback(ベガーバック)

Beggarback(ベガーバック)
韓国の代表的なおやつと言えば、細長い餅を真っ赤なコチュジャンソースで炒めた「トッポッキ」。トッポッキは屋台や粉食店と呼ばれるお店で食べることが一般的だが、カフェのような雰囲気の中で食べられると注目されているお店があります。

その注目のお店とは、江南駅近くに位置する「Beggarback」。リゾート運営会社として名高いデミョンリゾートが、外食フランチャイズ事業に進出てオープンさせたBeggarbackでは、従来のトッポッキの概念を打ち破り、全く別の新しいトッポッキを提供してくれます。
トッポッキをおやつとしてではなく、立派な食事として楽しむことができ、「辛い」トッポッキを受け入れられなかった外国人でも無理なく食べられるメニューが並びます。

4つのそれぞれ違った異色的なソースと、ヘルシーな野菜、様々な種類の餅を利用して作らる多様なメニューは、全て注文を受けてから作られます。
ステーキに添えられたトッポッキ、パスタに変身したトッポッキ、チャーハンのあんかけになったトッポッキなど、見た目にも楽しい好奇心をあおられるメニューばかり。

メニューには英語表記と、辛いものには唐辛子マークがついているので選びやすくなっています。
予算は一人当たり1万ウォン前後くらい。

 Beggarback(ベガーバック)の基本情報

名称 Beggarback(ベガーバック)
住所 ソウル市 瑞草区(ソチョグ) 瑞草洞(ソチョドン)1317
電話番号 02-534-3877
営業時間 11:00~22:30
定休日 年中無休
交通 地下鉄2号線江南駅6番出口から出て、ニューヨーク製菓横の道を入り直進し、左側に位置


ページ上部へ戻る