11月スタートKBS新ドラマ「美しい男」、チャン・グンソク&イ・ジャンウが共演!

ドラマ「美しい男」が、KBSの新水・木ドラマ「秘密」の後に、放送されることが明らかになった。

17日午前、同ドラマの制作関係者は、「『美しい男』が11月末から、『秘密』の後続ドラマとして放送されるだろう。最終的な編成を決め、KBSと協議してキャスティングを進める予定だ」と明らかにした。

ドラマ「美しい男」には、既に主人公として報じられている俳優チャン・グンソクに加え、イ・ジャンウも共演するという。

ドラマ「美しい男」は、美しい顔と生まれつきの感覚で女性の心を掴んで生きていくトッコ・マテが10人の女性を通して、お金、名声、人脈、力、情報など、成功の要素がもたらす真の意味と知恵を得ていくストーリーだ。
同作は、すべてを卓越した最も重要な価値は「愛」であるということを、ひたすらマテだけを見つめて愛する女性ヒロインが悟っていく過程を描く。

イ・ジャンウが演じるチェ・ダビデは、表面上は自由奔放に見えるが、「顔がきれいな男」トッコ・マテの活躍を唯一牽制する「心がきれいな人」として登場する。ドラマで、チャン・グンソクとイ・ジャンウは、ヒロインを巡って激しく対立する。

漫画家チョン・ゲェヨンの人気同名漫画を原作にした「美しい男」は、映画「7番部屋の贈り物」のユ・ヨンア作家と、ドラマ「花より男子」、「宮」を制作したドラマ制作会社グループエイト、文化コンテンツ制作会社パイナップルホールディングスが満を持して送り出すドラマとあって、チャン・グンソクのファンはもとより、韓国ドラマファンの熱い期待が寄せられている。


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません