キム・スヒョン「Kim Soo Hyun 1st Japan Fan Meeting 2013」取材レポート! 後半編

キム・スヒョンの写真4

韓国のみならず日本でも人気爆発中の俳優キム・スヒョンの初の単独イベント「Kim Soo Hyun 1st Japan Fan Meeting 2013」が6月30日(土)渋谷公会堂にて行なわれました。後半編です。

キム・スヒョン「Kim Soo Hyun 1st Japan Fan Meeting 2013」取材レポート! 前半編はこちら!

キム・スヒョン:「本日開店、ラーメン屋スヒョン渋谷店!」 (ステージにはラーメン屋台が登場)

普段自分でも作るという韓国でも有名な辛ラーメンをもとに麺、スープ、さらにとろけるチーズ、しいたけ、ねぎ、最後になんと青とうがらしを入れて完成!?自ら味見するが微妙な表情のキム・スヒョン。会場から選ばれた6人が待つステージ上のテーブルで、ラーメンをお椀に自ら取り分ける。選ばれた中にいた唯一の男性ファンは、スヒョンさんのどんなところが好きか?と聞かれ「素直なところが好き『太陽を抱く月』を見てからファンです。選ばれてとても嬉しい。」と答え、いよいよラーメンの試食へ。キム・スヒョンは「失礼します。…早くこの場から逃げ出したいです。」と語り、スープを残してしまうファンがいる中、全部飲み干す男性ファンに会場は大歓声!

司会:なぜラーメンを作ろうと?
キム・スヒョン:実は…自信があるからです。…現実は違います。すみません…(会場笑)
司会:(美味しそうに?食べた男性ファンに)どうでしたか?
男性ファン:美味しかったです。(スヒョンと握手とハグ)
司会:こんなに沢山の方の前でラーメンを作るのはどんな気分ですか?
キム・スヒョン:本当にすみません。もし次に機会があればその時はきちんと責任を持ってきちんと作りたいと思います。“ラーメンスヒョン渋谷店”は、まだまだ滅びていません。(笑)

キム・スヒョン:「変な写真は消去してね。撮影OKコーナー!」
ここではサプライズの撮影タイムとなり、右に左に移動しポーズ。

続いて『隠密に偉大に』の試写会の様子などのVTRが流れ黒のベスト風のシャツに着替えて再登場。映画『隠密に偉大に』は、さらに前売り率が80%で歴代1位、初日の観客動員数50万人、そして今現在660万人突破!という記録を打ち立てたということで予告VTRが流れる。

司会:映画ではスウェット姿ですが普段はどんな格好ですか?
キム・スヒョン:家ではパンツだけという感じです。(会場悲鳴)
司会:アクションも多いですが撮影中はケガはなかったですか?
キム・スヒョン:特別なケガはなかったのですが、冬に撮影したので、緑色のスウェット姿とスリッパを履かなくてはならなかったので足がかじかんでしまいました。
司会:皆さんに見どころをぜひ教えてください。
キム・スヒョン:この『隠密に偉大に』はキム・スヒョン1人だけでなくパク・ギウンとイ・ヒョヌといったさらに新しいカラーを持った俳優の魅力を楽しむことが出来ます。この映画を見ると僕達3人の魅力にどっぷり浸かっていただけるのではないかと思います。そしてこの映画に身を任せるようにして映画の世界に入っていただくと純粋でピュアな笑顔も出てくると思いますのでどうか期待していてください。

『ドリームハイ』VTR…相当恥ずかしいようで落ち着かない様子のキム・スヒョン
司会:あらためてご覧になってどんな気分ですか?
キム・スヒョン:ファンミーティングというのは本当に大変ですね(笑)。今後は僕がこんな(恥ずかしい)姿にならないようにいい演技をしたいと思います。
司会:このドラマはペ・ヨンジュンさんはじめ、様々な方と共演されましたが、なにか学んだことなどはありましたか?
キム・スヒョン:まずは『ドリームハイ』という作品を通して沢山の方に僕を知ってもらう機会となり、とても意味のある作品になりました。ヨンジュン先輩はこのドラマを通して少しずつ親しくなることが出来ました。そしていつの間にこの映像を見ていろいろ意見やアドバイスを言ってくださいました。それが『太陽を抱く月』まで続きましたので本当に嬉しくて感謝しています。

『太陽を抱く月』について
キム・スヒョン:いままでいろんな演技をしてきましたが、特に今回の『太陽を抱く月』という作品は自分に対して怒りを感じました。演技をしながら壁にぶち当たったり、俳優として、まだまだ至らないなということを沢山考えるようになりました。普通ドラマを撮る時は、共演者の方との見えない戦いのようなものがあるのですが、共演の先輩達が助けてくださいました。そのおかげで『太陽を抱く月』は皆さんに沢山支持され、光を放つドラマになったのではないかなと思います。そして子役に演技力がとても素晴らしかったと思います。

続いてファンからの質問
Q.このドラマでスヒョンさんを知りました。なんていろんな泣き方が出来る人なんだろうと思いました。泣く演技の為に何か勉強をされたのですか?また涙を出すだけで止めることは出来るのでしょうか?

ここで会場から「新幹線があるので帰ります!」と数人のファンの帰りを見送り「気を付けてください、大阪?なんでやねん!」とジョークを飛ばす(笑)

キム・スヒョン:感情を表現するシーンも、キスシーンと同様にその状況に身を置いて集中してそのキャラクターになる努力をして演技をしていると喜びを感じることができます。人は何か1つのことに集中するとその時は分からないのですが、気分がいいですし、だからこそ感情表現するシーンが僕は好きです。

一旦退場し『太陽を抱く月』ダイジェストVTRが終わると『太陽を抱く月』OST『♪あなたひとり』歌いながら登場!堂々とした歌声に会場は大歓声!さらにアンコールが起こり、2Fの客席に姿を現すキム・スヒョンに会場は大興奮!握手をしたり、カラーボールをファンにプレゼントしたりとファンサービスに会場は大熱狂となった。1Fステージまで移動し、「ボール2000個用意出来なくてすみませんでした。僕が興奮してしまいましたが本当に気分が良かったです。皆さんに手を握っていただく感触は実際にやってみないと分からないものですね。実際することが出来ました、ありがとうございました。」と笑顔で語り、ファンをバックに記念撮影を行なった。そこで偶然、ラーメンの時の男性ファンと写真で並んで映り、会場は大盛り上がり!

キム・スヒョンの写真3

司会:今後の活動を教えてください。
キム・スヒョン:実は…具体的に決まっているものがないので時間がかかってしまい申し訳ありません。ファイト!頑張ります。次作はまだ決まってないので一生懸命選んでいい演技でご挨拶出来るように頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。(司会「また日本に来てくれますよね?」)もちろん!(日本語)

司会:そろそろお別れの時間ですが、最後にメッセージをお願いします。
キム・スヒョン:今日はちょっと照れくさかったので、次は照れくさくないようにこれからいい演技を見せていきたいと思います。そして何よりもいい歌を持って来たいと思っていますので期待していてください。どうもありがとうございます。そういえば感想を言ってなかったですね。(すると会場の大声援に涙ぐみながら)今日は僕の為にこんなに沢山の方に応援してもらってとても幸せです。これからもよろしくお願いします。

最後に涙ながらに語ったメッセージに会場からは温かい大きな拍手と歓声が送られ、笑顔と感動の初ファンミーティングは終演となった。

■取材後記
大勢のファンの声援に最後の挨拶では感極まって涙を見せたキム・スヒョンさん。人柄が現れるような素敵な初ファンミーティングでした。まだまだいろんな可能性を秘めたキム・スヒョンさんの更なる成長が楽しみです。これからも沢山の感動を私達に見せてほしいですね


ページ上部へ戻る